84. Ninguno, Alguno の意味は?スペイン語でningún, algúnは?

目安時間:約 6分

ここでは、スペイン語の「Ninguno」、「Alguno」や「ningún」、「algún」などの意味や使い方を解説していきます。「Ninguno」と「Alguno」、「ningún」と「algún」は対義語です。

 

Ningunoやningún の意味

「Ninguno」は「誰一人~ない」または「何一つ~ない」という意味の否定語で、人に対しても、物に対しても使われます。代名詞としても、形容詞としても使われ、名詞の前の形容詞として使われる場合はかかる名詞が男性の場合「ningún」となって、最後の「o」が取れてアクセント記号が付きます。

 

対象の物(または人)が女性名詞の場合は「ninguna」になります。

 

複数形は使われることが絶対ないわけではありませんが、ほとんどないので単数形だけ覚えておけばいいです。

 

「誰一人~ない」という意味で「Ninguno」を代名詞として使う場合は以前勉強した「Nadie」と同じ意味になります。

 

「Ninguno」や「ningún ~」などが動詞の前に来る場合はそれだけで否定文になります。

 

「Ninguno」や「ningún ~」などが動詞の後に来る場合は、動詞の前に「no」を付けなければなりません。

 

Ninguno sabe tocar la guitarra.

No sabe tocar la guitarra ninguno.

誰一人ギターを弾けない。
A ningún alumno conozco aquí.

No conozco a ningún alumno aquí.

私はここでどの生徒も知らない。
No tengo ninguna novedad.

Ninguna novedad tengo.

変わったことは何もありません。
No queremos ninguno.

Ninguno queremos.

私たちは何一つ欲しくありません。

 

「no」を動詞の前に置いて言う言い方の方がよく使われます。

 

 

 

Algunoやalgúnの意味

「Alguno」の意味は「誰か」や「何か」で、人に対しても物に対しても使われます。複数だと「何人か」や「いくつか」という意味になります。代名詞として使われる場合は性や数によって以下のように変化します。

 

代名詞 男性 女性
単数 alguno alguna
複数 algunos algunas

 

 

形容詞として使われる場合はかかる名詞の前で以下のように変化します。

 

名詞 男性 女性
単数 algún alguna
複数 algunos algunas

 

 

¿Alguno de Uds. va a regresar en avión? あなた方のうちのどなたかは飛行機で帰りますか?
Tengo que elegir alguno. 私は何か選ばなければならない。
Quiero leer algún libro en español. スペイン語を何か読みたい。
Algunas personas son de México. かはメキシコ出身です。

 

 

Ninguno, ningún, Alguno, algún の意味

「ninguno」、「ninguna」は「誰一人~ない」または「何一つ~ない」という意味です。代名詞としても形容詞としても使われますが、形容詞の場合は男性単数形の名詞の前で「ninguno」は「ningún」に変化します。

 

「alguno」、「alguna」は「誰か」または「何か」という意味です。代名詞としても形容詞としても使われますが、形容詞の場合は男性単数形の名詞の前で「alguno」は「algún」に変化します。「uno(一つ)」が男性単数形の名詞の前で「un」に変わるような感じですね。

 

「algunos」、「algunas」は「何人か」または「いくつか」という意味です。代名詞としても形容詞としても使われます。

 

 

 

 

 

83. Nada, Algo, Un poco, Todo, Mucho の意味(何にも、何か、少しなど)

目安時間:約 8分

ここでは「Nada」、「Algo」、「Un poco」、「Todo」、「Mucho」の意味と使い方の例を挙げてみます。「Nada」は「何にも」、「Algo」は「何か」、「Un poco」は「ウン ポキート」のところで勉強していますが「少し」、「Todo」は全部、「Mucho」も既に勉強しています、「たくさん」という意味です。

 

 

NadaとAlgo の意味

「Nada」は「何にもない」という意味の否定語です。動詞の前に来るときはそれだけで否定文になります。「Nada」が動詞の後に来る場合は、動詞の前に否定語の「no」を置かなければなりません。

 

また、「Nada de ~」で「~」が「何もない」ということを表すことができます。

 

「Algo」は「何か」と言う意味の不定語です。

 

また、「Algo de ~」だと「少しの~」という意味になることもあります。

 

 

¿Está escrito algo?

No, no está escrito nada.

No, nada (está escrito).

何か書いてありますか?

いいえ、何も書いてありません。

いいえ、何も(書いてありません)。

¿No tienes nada de tiempo?

¿Nada de tiempo tienes?

, tengo algo de tiempo.

君は時間が全然ないの?

君は時間が全然ないの?

いや、私は少し時間があります。

¿Quieren Uds. algo?

Sí, queremos algo de comer.

No, no queremos nada.

あなた方は何か欲しいですか?

はい、私たちは何か食べ物が欲しい。

いいえ、私たちは何にも要りません。

¿Necesita Ud. algo más?

Nada más.

あなたはもっと何か必要ですか

それだけです。(それ以上何も要りません)

 

「君は時間が全然ないの?」という否定文で聞かれて、日本語だと、質問文を否定してから(時間がないことはない)肯定文の答えを言いますが、スペイン語では答えが肯定文であれば「Sí(はい)」と答えます。

 

 

Un poco, Poco の意味

「Un poco」 は縮小語尾を勉強したときに「Un poquito」と「Un poco」は「少し」という意味であることが出てきていました。Un poco de ~」は「少しの~という意味で、上記の「Algo de ~」と同じです。

 

「poco ~」というのも「少しの~」という意味ですが、こちらは形容詞として使う場合、「~」の性や数によって「poco ~」、「poca ~」、「pocos ~」、「pocas ~」と変化します。「un poco de ~」と全く同じ意味かと言えば、ニュアンス的に、「poco ~」などの方が、「少ししかない」といった否定的な感じがあります。

 

副詞として使う場合は「poco」のみで変化しません。

 

 

Tengo un poco de tiempo.

Tengo poco tiempo.

私は少し時間があります。

私は少ししか時間がありません。

Quiero tomar un poco.

Quiero tomar poco.

少し飲みたいです。

少ししか飲みたくないです。

Hay un poco de gasolina.

Hay muy poca gasolina.

ガソリンは少しあるよ。

ガソリンがほんのちょっとしかないよ。

¿Sabes un poco de japonés?

¿Sabes poco japonés?

君は日本語を少し知っているの?

君は日本語を少ししか知らないの?

 

 

Todo, Mucho の意味

「Todo」は「全部」という意味です。代名詞や形容詞として使われる場合は性や数によって「todo」、「toda」、「todos」、「todas」と変化します。副詞としても「todo」は使われます。

 

そして以前にも出てきましたが、「Mucho」は「沢山」という意味で、副詞として使われる場合は「mucho」のみですが、形容詞として使われる場合は性や数に合わせて「mucho」、「mucha」、「muchos」、「muchas」と変化します。

 

Quiero comer todo.

Quiero comer mucho.

私は全部食べたい。

私は沢山食べたい。

Tienes todo el dinero.

Tienes mucho dinero.

君はお金を全部持っている

君は沢山のお金を持っている。

Sabe todo el mundo.

Sabe mucha gente.

世界中が知っている

沢山の人々が知っている。

Magdalena estudia todos los días.

Magdalena estudia muchos idiomas.

マグダレナは毎勉強します

マグダレナは沢山の言語を勉強します。

 

idiomaは男性名詞です。

 

 

Nada, Algo, Un poco, Poco, Todo, Mucho まとめ

Nada(何にも)、 Algo(何か)、 Un poco(少し)、 Poco(少し)、 Todo(全部)、 Mucho(沢山)、どれもよく使う言葉です。覚えて損はありません!

 

 

82. Nunca, Jamás, Casi nuncaの意味(絶対~ない、ほとんど~ない)

目安時間:約 5分

スペイン語で「Nunca」と「Jamás」は「絶対~ない、決して~ない」という意味です。「Casi nunca」は「ほとんど~ない」という意味です。ここでは「Nunca」、「Jamás」、「Casi nunca」の使い方をみていきます。

 

 

Nunca, Jamás 「絶対~ない」

「Nunca」と「Jamás」は「絶対~ない、決して~ない」という意味の否定語です。動詞の前に来るときは、それだけで否定文になります。動詞の後に来るときは、動詞の前に「no」が来なければなりません。

 

No vuelvo nunca. 私は絶対戻らない。
Nunca llegas tarde. 君は決して遅刻しない。
¿Siempre es así? No, nunca. いつもこんななの?いいえ、決して。
No te voy a olvidar nunca jamás. 君のことを絶対忘れないよ。
Jamás será vencido. 絶対負けない。
Ella no será mi esposa jamás. 彼女は絶対私のにはならない。

 

「Nunca」と「Jamás」は基本的に同じ意味ですが、「Nunca」の方がよく使われるので、「Jamás」が使われると強いニュアンスに聞こえます。更に強調したいときには「Nunca jamás」と両方使われることもあります。

 

 

「Jamás」の方が強い決意を表すときに使われることが多いので、まだこの講座で勉強していませんが、未来形とともによく使われます。「será」はser動詞の未来形(第三人称単数形)です。今までで勉強した未来の形「va a ser」と同じですが、「será」の方が強い意思を表すニュアンスがあるので、「Jamás」との相性が良かったりします。

 

 

 

 

Casi nunca 「ほとんど~ない」

「Casi nunca」は「ほとんど~ない」という意味の否定語です。動詞の前に来るときは、それだけで否定文になります。動詞の後に来るときは、動詞の前に「no」が来なければなりません。

 

Casi nunca llueve esta época. この時期はほとんど雨が降りません。
No usamos los taxis casi nunca. 私たちはタクシーをほとんど使いません。
¿Los japoneses casi nunca comen chile? 日本人はほとんどチリを食べないですか?
No voy de compras casi nunca. 私はほとんど買い物に行きません。

 

 

Nunca, Jamás, Casi nuncaの意味・まとめ

「Nunca」は「絶対~ない、決して~ない」という意味です。「Casi nunca」は「ほとんど~ない」という意味です。

 

「Jamás」も「絶対~ない、決して~ない」という意味ですが「Nunca」よりも使われる頻度は少ないです。未来形とともに使って強調された表現となります。

 

 

81. Nadie, Alguienの意味は「誰も」、「誰か」

目安時間:約 4分

スペイン語で「Nadie」の意味は「誰も」で、「Alguien」の意味は「誰か」です。ここでは、この二つの言葉の使い方をみていきます。

 

 

「Nadie」の意味は「誰も」

「Nadie」の意味は「誰も~ない」で、否定を表す言葉です。動詞の前に「Nadie」が来る場合はそれだけで否定文となります。動詞の後に「nadie」が来る場合は、動詞の前に「no」を置かなければなりません

 

「nadie」は主語としても目的語としても用いられます。

 

nadie が動詞の前に来る場合 nadieが動詞の後に来る場合 意味
Nadie usa los teléfonos públicos. No usa nadie los teléfonos públicos. 誰も公衆電話を使わない。
Nadie lo toma en serio. No lo toma nadie en serio. 誰もそれをまともに受けない。
A nadie necesito. No necesito a nadie. 私は誰も必要としない。
Yo a nadie conozco. Yo no conozco a nadie. 私は誰も知らない。

 

 

「Alguien」の意味は「誰か」

「Alguien」の意味は「誰か」です。動詞の前に来ることも、後ろに来ることもあります。

 

「alguien」は主語としても目的語としても用いられます。

 

¿Conoces a alguien ?

No, a nadie.

Sí, conozco a Raquel.

君は、誰かを知っていますか?

いいえ、誰も。

はい、ラケールを知っています。

Hay alguien en la calle. 誰かいます。
Alguien está pidiendo ayuda. 誰かが助けを求めています。
Tiene que hacer alguien. 誰かがやらなければなりません。

「Raquel」というのは女性の名前です。

 

 

Nadie, Alguienの意味・まとめ

NadieとAlguienは反対語です。「Nadie」は「誰も~ない」という否定語で、動詞の前に来る場合は「no」は必要ありませんが、動詞の後に来る場合は、動詞の前に「no」が必要です。

 

「Alguien」は「誰か」という意味です。

 

両方とも主語としても目的語としても使われます。

 

 

最近の投稿
カテゴリー
サイト管理人MC(めひ・ここ)プロフィール

サイト管理人MC(めひ・ここ)です。

メキシコ市にあるUNAM大学外国人コースでスペイン語を学んだあと、メトロポリタン自治大学医用工学部に入学、卒業後は医用工学技士としてメキシコで仕事をしました。

その間、メキシコに滞在中の日本人の方たちに長年家庭教師としてスペイン語を教えてきました。

メキシコ人の夫との間に二人の子どもがいます。

メキシコには13年間住みました。メキシコ大好き、スペイン語大好きなめひ・ここです!

アーカイブ
お問い合わせ

ランキング、クリックしてください♡

ページの先頭へ