138. 再帰動詞の命令形などスペイン語の命令法徹底解説!

目安時間:約 13分

 

ここでは、スペイン語の命令形について、徹底解説いたします。再帰動詞の命令形はどうなるのか?や目的語代名詞が来る場合はどこに付けるのか?も説明していますので、お役立ていただければ幸いです。

 

 

再帰動詞の命令形も普通の動詞の命令形も作り方は同じ

命令形ですから、相手がいます。相手にお願いしたり、命令するのが命令形です。相手は君(tú)かもしれないし、丁寧な言い方のあなた(usted)かもしれないし、あなた方(ustedes)かもしれません。その三つの人称代名詞によって活用が変わってきます。

 

命令形の作り方(活用)は、再帰動詞も普通の動詞も同じです。ただ、再帰動詞には再帰代名詞がありますよね(再帰動詞についてはこちらの記事をご覧ください)。肯定命令の場合は、再帰代名詞は動詞の後ろに連結して一つの言葉となります否定命令の場合は、再帰代名詞は必ず動詞の前に来ます

 

 

ではまず、肯定命令の活用からみてみましょう。

 

 

肯定命令の活用

ar動詞からは、動詞の原形(不定詞)から「ar」を取って、er動詞からは「er」を、ir動詞からは「ir」を取って、人称代名詞によって、以下の語尾を付け加えます。

 

ar動詞 er動詞 ir動詞
a e e
usted e a a
ustedes en an an

 

er動詞と ir動詞は同じ活用ですね。

 

例えば:

dar(与える) comer(食べる) abrir(開ける)
da come abre
usted coma abra
ustedes den coman abran

 

そうですね。第二人称の「tú」に対して「与えなさい(ください)」とか命令するときは、第三人称単数形の普通の現在形と同じ形ですね。「usted」と「ustedes」の時は接続法現在の形です。

 

「dé」は前置詞「de」と区別をつけるため、アクセント記号が付いています。

 

また、普通の現在形(直説法現在)で動詞の原形(不定詞)の語尾の隣の音節の母音「u」が「ue」、「e」が「ie」、「e」が「i」に変化するものは、命令形でも同じように変化します。普通の現在形(直説法現在)の活用で「c」が「z」に変わったり、「g」が入ってくるものがありますが、命令形でも同じような変化になります。

 

 

sentarse(座る) servir(サービスする) traer(持ってくる)
sntate sirve trae
usted sntese sirva traiga
ustedes sntense sirvan traigan

 

ちなみに「sentarse(座る)」は再帰動詞で、普通の現在形(直説法現在)の活用は以下のようになります。

me siento
te sientas
se sienta
nos sentamos
se sientan

 

同じ位置にアクセントが来るように、命令形ではアクセント記号が付いています。

 

 

Siéntate aquí. ここに座って。
Abre la ventana. 開けて。
Ya sírvame la cena por favor. もう私に夕食を出してください。
Cómprenmelo. Cómprenmela. あなた方は私にそれを買ってください。

 

再帰動詞の再帰代名詞だけでなく、間接目的語や直接目的語の代名詞も、肯定命令文では、動詞の後ろに連結します。二つある時は間接目的語、直接目的語の順番ですね。

 

「por favor(お願いします)」を命令形に付け加えると丁寧な言い方になります。

 

 

否定命令の活用

否定命令の時は動詞の前に「no」が来ます。相手が「usted」と「ustedes」の時は肯定命令の時と同じ活用です。相手が「tú」の時だけ活用が変わって接続法現在の形になります。ar動詞からは、動詞の原形(不定詞)から「ar」を取って、er動詞からは「er」を、ir動詞からは「ir」を取って、人称代名詞によって、以下の語尾を付け加えます。

 

ar動詞 er動詞 ir動詞
es as as
usted e a a
ustedes en an an

 

 

 

例えば:

dar(与える) comer(食べる) abrir(開ける)
no des no comas no abras
usted no dé no coma no abra
ustedes no den no coman no abran

 

「あげないで」、「食べないで」、「開けないで」という意味ですね。

 

 

sentarse(座る) servir(サービスする) traer(持ってくる)
no te sientes no sirvas no traigas
usted no se siente no sirva no traiga
ustedes no se sienten no sirvan no traigan

否定命令の場合は、再帰代名詞は必ず動詞の前に来ます間接目的語や直接目的語の代名詞も、否定命令文では、動詞の前に来ます

 

 

No te levantes todavía. Es muy temprano. まだ起きないで。すごく早いよ。
¿Te traigo la silla? No, no me la traigas. 君に椅子を持ってくる?いや、それを私に持ってこないで。
No llores. 泣かないで。
No me ayuden por favor. あなた方は私に手助けしないでください。

 

「No te levantes」の「levantarse(起きる)」は再帰動詞ですね。

 

「君に椅子を持ってくる?」と言われて、日本語だと「それを私に」というのは答えるときに普通、言いませんよね。だから、「no traigas」と答えてしまいそうです。それでも通じますが、スペイン語では目的語代名詞を付けます。

 

 

命令形の不規則動詞の例

よく使う命令形の不規則動詞の活用形を載せておきます。相手が「tú」の場合は、肯定命令の場合と否定命令の場合とで活用が違うので、その両方を記載しています。

 

動詞の原形 tú(肯定) tú(否定) usted ustedes
ir(行く) ve no vayas vaya vayan
venir(来る) ven no vengas venga vengan
tener(持つ) ten no tengas tenga tengan
hacer(する、作る) haz no hagas haga hagan
ser(である) no seas sea sean
poner(置く) pon no pongas ponga pongan
decir(言う) di no digas diga digan
salir(出る) sal no salgas salga salgan
ver(見る) ve no veas vea vean
estar(である) está no estés esté estén
saber(知っている) sabe no sepas sepa sepan

 

 

肯定命令で相手が「 tú」の時、「ir」と「ver」は同じ形ですね。

 

 

¡Vete para allá! あっち行って!
¿Hago un pastel? Sí,hazlo. ケーキ作る?うん、作って(それを)。
Díganos,¿qué quiere usted? 私たちにおっしゃってください。何がご入用ですか?
Póngase los lentes para que pueda leer la carta. 手紙が読めるように眼鏡をかけてください。

 

「Vete」は再帰動詞「irse(去る)」です。「Póngase」も再帰動詞「ponerse(身に付ける)」です。

 

 

スペイン語の命令法徹底解説・まとめ

スペイン語の命令文は日常とてもよく使われます。動詞の命令形そのままでも使われますが、再帰動詞の肯定命令だと、動詞の後ろに再帰代名詞が連結していて一つの言葉を形成しているし、会話の中での命令文では、動詞の後ろに目的語の代名詞が引っ付いていることがよくあるので、それについての説明や、例文を多く入れてみました。

 

 

↓こちらの記事でも命令系の例文を書いていますので、良ければご覧になってみてください。

 

スペイン語の命令形の例文

 

 

137. スペイン語で動物の名前や虫、鳥、生き物の用語65選

目安時間:約 7分

スペイン語で動物の名前を何て言うでしょうか?ここでは、動物や虫、鳥、その他、生き物の用語をスペイン語でみていきます。

 

 

スペイン語で動物の名前

 

 

el búfalo 野牛
el burro ロバ
el caballo
el camello ラクダ
el cerdo, puerco, cochino
el conejo ウサギ
el cordero, borrego 子羊
el coyote メキシコ産オオカミ
el elefante
el gato

 

el gorila ゴリラ
el hipopótamo カバ
el león ライオン
el lobo オオカミ
el mono
el oso
el perezoso ナマケモノ
el perro
el ratón ねずみ
el rinoceronte サイ
el tigre トラ

 

el toro 牡牛
el venado 鹿
la ardilla りす
la cabra やぎ
la hiena ハイエナ
la jirafa キリン
la oveja
la pantera ヒョウ
la rata ねずみの雌
la vaca 雌牛
la yegua め馬
la zebra シマウマ
la zorra きつね

 

 

スペイン語で虫の名前

 

 

el alacrán さそり
el caracol カタツムリ、巻貝
el chinche 南京虫
el insecto
el mosco, mosquito
la abeja
la araña 蜘蛛
la cucaracha ゴキブリ
la hormiga アリ
la mosca ハエ
la pulga ノミ

 

ゴキブリの歌についてはこちらのブログに記載されています。

 

スペイン語で鳥の名前

 

 

el buho フクロウ
el canario カナリヤ
el gallo 雄鶏
el ganso ガチョウ
el pájaro
el pato アヒル
el zopilote 黒ハゲタカ
el águila ※ わし
la gallina めんどり
la paloma

 

※女性名詞ですが、単数形の時は定冠詞「el」を付けます。

 

 

その他の生き物の名前

 

el delfín イルカ
el pescado,  pez
el sapo ヒキガエル
el tiburón さめ
el pulpo たこ
la ballena くじら
la foca アザラシ
la rana カエル
la serpiente
la víbora 毒蛇

 

魚や魚介類の名前はこちらの記事をご覧ください。

 

 

スペイン語で動物の名前など・まとめ

スペイン語でよく使われる動物の名前や虫の名前、鳥やその他の生き物の名前を一覧にしてみました。お役に立てれば幸いです。

 

 

136.スペイン語の動詞se venなど再帰動詞だけじゃないseの用法

目安時間:約 12分

スペイン語を聞いていると、「se」がたくさん出てきます。「セ」と発音するので、同じ発音をする「sé」も合わせると、何の「セ」なんだか、わからなくなってしまうかもしれません。ここでは、「se」の用法をわかりやすく整理してみようと思います。

 

 

スペイン語の動詞 se ven

「ven」は動詞「ver(見る、会う)」の、主語が「彼ら、彼女ら、あなた方」の場合の現在形です。その動詞の前に「se」が付いています。この「se」は何でしょうか?

 

 

これは「お互いに」という意味で、この se の付いた動詞は相互関係を表す動詞になります。複数形でだけ使われます。主語が「私たち」の時は「se」ではなく「nos」になるので「私たちはお互いに会います」という意味だと「Nos vemos」になります。よく、「さようなら」という意味で使われる言葉ですね。

 

Ellos se ven seguido. 彼らはお互いによく会っています。
Mi tía y mi prima se parecen mucho. 私の叔母従妹はすごく似ています。
Mi gato y el gato del vecino se pelean. 私の猫と隣人の猫は喧嘩します。
Eduardo y Angélica no se hablan para nada. エドゥアルドとアンヘリカはお互いに全く話さない(仲が悪い)。

 

とはいえ、「Ellos se ven bien.」と言った場合は、「彼らはよく見える」という意味で再帰動詞の用法となります。再帰動詞については次をご覧ください。

 

再帰動詞 se casó

「se casó」は再帰動詞です。再帰動詞については以下のリンクをクリックすると詳しく書いた記事に行けますので、必要に応じてご覧ください。

 

再帰動詞について

 

「se casó」の動詞の原形は「casarse」で「結婚する」という意味です。「se casó」は点過去なので「結婚した」という意味です。主語は「彼、彼女、あなた」などですね。

 

 

再帰動詞には必ず主語によって再帰代名詞(me, te, se, nos, se)が付くので、再帰動詞の主語が「彼、彼女、あなた、彼ら、彼女ら、あなた方」などの場合は、「se」が付きます

 

Nuestro hijo se casó el año pasado. 私たちの息子去年結婚した。
Arturo se cayó en la calle. アルトゥーロは転んだ。
Mis abuelos siempre se sentaban en esa banca. 私の祖父母はいつもそのベンチに座っていた。
Ella se fue temprano. 彼女早く帰った。

 

再帰動詞:

casarse(結婚する)

caerse(落ちる、転ぶ)

sentarse(座る)

irse(去る)

 

 

無人称文 se usa

 

「usa」は動詞「usar(使う)」の第三人称単数形が主語の現在形です。この動詞の前の「se」は何でしょうか?この「se」は無人称文を表しています。主語がない(必要ない)、または、「人々は」を主語として訳すこともできます。動詞によっては受け身の形になります。

 

「se usa」の場合、使うものが何か(実質的な主語)によって単数形でも複数形「se usan」でもいいです。

 

En este pueblo, se usa mucho la madera para todo. この村ではすべてにおいて木材が多く使われます。
¿Se puede entrar? 入ることができますか?
Aquí se habla español. ここではスペイン語が話されています。
¿Cómo se escribe tu nombre? 君の名前どう書きますか?

 

se me olvidó

「se lo」「se la」「se los」「se las」の場合は「se」は間接目的語代名詞の「le(彼に、彼女に、あなたに)」または「les(彼らに、彼女らに、あなた方に)」などだとわかります。間接目的語代名詞については以下の記事に詳しく書いてあります。

 

間接目的語代名詞について

 

じゃあ、「se me」の「se」って何?この「se」は再帰代名詞です。じゃあ、この「me」は何なんだ?って話になりますよね。この「me」は間接目的語代名詞の「私に」です。「私に被害が降りかかった」という意味です。

 

 

「se me olvidó」は「私は忘れちゃった」という意味です。とてもよく使う表現で、スペイン語らしい言い回しです。実質的な主語は「忘れた物」で、「忘れた物が私に忘れさせた」と言うような、まるで、自分には責任がないかのような言い方に聞こえます。

 

 

他の間接目的語代名詞も使えて「¿Se te olvidó?(君、忘れちゃったの?)」の他、「se le」、「se nos」、「se les」も使えます。また、「忘れた物」が複数の場合は「Se me olvidaron.」と複数形を使うこともできます。

 

Se me olvidó el libro. 、忘れちゃったんだよ。
Se le nota que no es de aquí. (彼、彼女は)ここ出身じゃないってバレちゃってるよ。
A mi abuelo a veces se le va la onda. 私の祖父時々ボケてる。
Se me perdió la llave. 私はを失くしちゃった。

 

どれも「本人の意思に反して」というニュアンスがあります。

 

「se le nota」は例えばアクセントが違うからわかったとか、顔でわかったとかそういうことです。

 

「la onda」は「波」とか「電波」などの意味で、「se va」の「irse」は「去る」とか「行ってしまう」という意味ですよね。「Es que se me fue la onda.(ボーっとしてて)」などの表現にも使えます。

 

「忘れた」もそうですが、「失くした」も普通に「Perdí la llave.(私は鍵を失くした)」と言ってもいいわけですが、「Se me perdió la llave.」と言われた方が、あなたの鍵を失くされていたとしても謝ってもらえる確率は低いだろうな、という感じですね!

 

 

No sé と Sé feliz

 

「se」とは全然別物の「セ」なので区別をつけるためにアクセント記号が付く「sé」があります。アクセント記号が付いていても、発音は同じです。

 

 

「No sé」の「sé」は「私は知っている」という意味です。「No sé」は「私は知らない」という意味ですね。動詞の原形は「saber」です。「saber」の活用は下の記事をご覧ください。

saber の意味と活用

 

「No lo sé.(私はそれを知りません)」と直接目的語代名詞が入ることもあります。

 

 

「Sé feliz」の「Sé」はまた違う動詞です。動詞の原形は「ser」で「~です」という意味です。「Sé」は相手が「君」に対して言う命令形です。「feliz」は「幸せな」という形容詞で、「Sé feliz」で「幸せになってください」という意味になります

 

形容詞を変えて「Sé fuerte(強くあれ)」などいろんな表現が作れます。

 

 

スペイン語の se の用法・まとめ

「se」は複数形の主語で、「お互いに~だ」という時に使われることがあります。

 

また、スペイン語には再帰動詞というものがたくさんあって、その場合には、第三人称単数形か複数形の主語のときに、再帰代名詞「se」が使われます。

 

再帰動詞の動詞と再帰代名詞の間に間接目的語代名詞が入っていることがあります。その場合は「~してしまった」という意味合いだと思っていただけるといいと思います。

 

無人称文として、動詞に「se」がつくこともあります。「行う人は誰」と指定する必要のないときに使え、スペイン語の文章の中での主語は行いを受ける物や事になるので、受動態と理解してもいい場合もありますが、「¿Se puede~?(~してもよろしいですか?)」のように違う形の無人称文もあります。

 

「se」と発音は同じですが、「No sé」や「Sé feliz」のように、動詞の「saber」や「ser」が活用変化したものもあります。

 

 

135. スペイン語で魚の名前、マグロや鯛、魚介類など 25選

目安時間:約 7分

スペイン語で魚の名前や魚介類の名前を何と言うでしょうか?...と言っても、地域によって、いる魚も違ってきますが、ここでは、メキシコでよくお目見えする魚の名前ーマグロや鯛も含めてーや魚介類の名前をご紹介します。

 

スペイン語のアクセントの位置についてはこちらの記事をご覧ください。

 

スペイン語で魚の名前ーマグロや鯛などーを何て言う?

 

魚のことを、スペイン語で「pescado」と言います。泳いでいる魚のことは、「pez」とも言います。複数形は「peces」です。

 

Huachinango 鯛(鯛に似たフエダイ科の魚)
Atún マグロ
Sardina イワシ
Mero ハタ
Lobina スズキ(シーバス)
Salmón サケ
Pez espada メカジキ
Bacalao たら
Charales パツクアロ湖などにいる小魚(複数)
Trucha ます
Sierra オキスズキ
Bonito かつお

 

鯛は「besugo」や「pargo」のようですが、メキシコでは「huachinango」はとてもポピュラーで、私はずっと鯛だと思って食べていました。鯛だと言ってしまってもいいのでは?と思いますが、魚に詳しいわけではないので、違うのかもしれません(上の画像)。

 

マグロはツナ缶が幅をきかせていますね。

 

メカジキ(pez espada)はアカプルコで釣ったことがあります。っていうか、チャーターした船に乗っていたら、私の座っていた椅子のところにかかって、「私が釣った」ということになって、写真まで撮ってもらいました。日本人学校の校長先生のご家族も一緒に乗ってられたので、さしあげたら、はく製にして、家に飾ってらっしゃいました。父が、「さしみにするという手もあったよな」と後からつぶやいていましたが…。私の背丈よりずっと大きかったですよ!

 

 

たら(Bacalao)は、メキシコシティでは干し物を売っていて、義母がクリスマスにはいつも、トマトとにんにく、玉ねぎとで、前菜を作っていて、おいしかったです。

 

昔、どこかで聞いた話で、ある日本人が、魚が欲しくてスーパーでいくら言ってもスペイン語が通じなくて、頭にきて「バカヤロー!」と叫んだら、「あー(Ah...)」と「bacalao(たら)」を持ってきてくれた、なんてのがありましたよ。

 

 

charal の複数形が charales ですが、メキシコの有名な観光地、パツクアロ(Pátzcuaro)湖などにいる小魚のことです。よく辛く味付けしたものなどを売っています。カルシウムが豊富です。

 

 

以前、メキシコにいる日本人の方で、オキスズキ(sierra)でだったと思いますが、ちくわを上手に作ってらっしゃる方がいらっしゃいました。日本から遠く離れていると、食べたくなるんですよね、ちくわとか。

 

 

メキシコは赤身の魚はあまり食べないので、海岸で、すごく新鮮な赤身の魚が(何だったか忘れましたが)たくさん捨てられているのを見たことがあります。母が、「あー、しょうゆを持ってきていれば...」と、たいそう、残念がっていたのを覚えています(旅行中の話です)。

 

 

スペイン語で魚介類の名前を何て言う?

スペイン語で魚介類のことを「mariscos」と言います。

 

Pulpo たこ
Calamar いか
Camarón エビ
Langosta いせえび
Ostión 牡蠣
Almeja あさり、はまぐり
Erizo de mar ウニ
Cangrejo かに

 

メキシコシティに牡蠣の専門店があってすごくおいしかったです。

 

ウニはメキシコからアメリカなどへ輸出しているようですが、国内では出回っていませんでしたね。かにやいせえび、いかも、あまりポピュラーな食べ物ではありません。

 

Sopa de mariscos(魚介類のスープ)はとてもおいしくておすすめです。材料は大抵、エビ、魚、almeja(あさりなど)が入っています。

 

 

 

スペイン語で魚の名前・まとめ

スペイン語での魚の名前、魚介類の名前を並べてみました。それ以外で思いついたものだと、食べないですが、Ballena(くじら)、Delfín(いるか)、Caballito de mar または Hipocampo(タツノオトシゴ)。

 

 

そういえば、Hipocampo(タツノオトシゴ)というレストランがメキシコにはいくつもあって、Torta (トルタ)というメキシコ特有のサンドイッチもあるのですが、このレストランにはTorta de pulpo(たこのトルタ)というめずらしいのがあるんですよ。おいしかったです。

 

それから、亀はTortuga です。亀は、カンクンの方のレストランでメニューにあったのを記憶しています。

134. normalmente を使ったスペイン語の例文と翻訳・副詞-mente

目安時間:約 7分

normalmente の意味は「普通は~」、「通常」、「普通に」などで、副詞です。日常的によく使われる言葉です。ここでは、「normalmente」の使い方をわかりやすく例文とその翻訳文を付けて解説いたします。また、normalmente 以外の「mente」が付いた副詞についてや、文の中でどの位置に置くかなどについても言及します。

 

 

normalmente を使ったスペイン語の例文と翻訳

normalmente は「普通は」、「通常」、「普通に」といった意味です。

 

スペイン語の例文 日本語への翻訳文
Normalmente hay mucha gente, pero hoy no. 普通はたくさんの人がいるのだけれど、今日は違います。
Llego a la oficina a tiempo normalmente. 私は通常、オフィスに時間に着きます(遅刻しません)。
No dura normalmente la relación de ese tipo. そういうタイプ関係は普通、長続きしません。
Normalmente son muy amables. 普段は彼らはとても親切です。
La escuela empieza normalmente. 学校は普通に(通常通り)始まります

 

normalmente (普通は、通常)のような、文全体を修飾する副詞は、文の中で、文頭や文末、文の途中などに位置することができます。同じ normalmente でも、動詞を修飾する場合(普通に)は、通常、動詞の後ろに来ます。

 

同じく、動詞を修飾する副詞で「mucho」や「poquito」なども、通常(normalmente)、動詞の後ろに置きます。

 

ちなみに、形容詞副詞を修飾する副詞は、修飾する言葉の前に置きます(例:bastante buenoーものすごく良い, muy bienーとてもよく)。

 

「siempre」などの時の表現も文の中の位置は割と自由です。ただし、「nunca」などの否定語にはルールがありますのでご注意ください。

 

副詞は性と数に関係なく同じ形です!

 

 

スペイン語の副詞で mente が後ろに付くもの

言葉の後ろに「mente」が付く副詞はたくさんあります。これらの副詞は「女性単数形の形容詞」に「mente」を連結させて作られています。

 

例えば「普通の」という形容詞は以下の通りです。

 

「普通の」という形容詞 女性 男性
単数形 normal normal
複数形 normales normales

 

「普通の」の場合は女性形と男性形が同じ形ですが、女性単数形は「normal」です。この形容詞に「mente」を付け加えた「normalmente」が副詞になります。

 

例:

日本語 形容詞 副詞 日本語
普通の態度 actitud normal normalmente 通常
決定的な決断 decisión definitiva definitivamente 絶対
幸運な人生 vida afortunada afortunadamente 幸いに
親切な人 persona amable amablemente 親切に
はっきりとしたビジョン visión clara claramente はっきりと
速い回答 contestación rápida rápidamente 速く
遅い接続 conexión lenta lentamente ゆっくり
落ち着いた町 ciudad tranquila tranquilamente 落ち着いて
完璧な女 mujer perfecta perfectamente 完璧に

 

normalmente ースペイン語の副詞ーまとめ

normalmente はスペイン語の副詞です。意味は、「普通は」、「通常」など、文全体を修飾する場合や、「普通に」など、動詞を修飾する場合があります。

 

動詞を修飾する場合は通常、副詞は動詞の後ろに置かれます。文全体を修飾する場合は割合自由に配置することができます。

 

副詞の normalmente は形容詞(女性単数形)の「normal(普通の)」に「mente」という言葉が付け加わって副詞を形成しています。このような「mente」が語末に付いている副詞はたくさんあります。

 

 

133. スペイン語の詩(poema)の翻訳、実はメキシコのオトミ族の歌

目安時間:約 6分

スペイン語の詩を翻訳してみました。詩のことはスペイン語で poema と言います。今回はメキシコのオトミ族の歌(詩)です。とてもシンプルでわかりやすい詩です。普通の現在形と点過去しか出てきません。

 

 

スペイン語の詩(poema)の翻訳

La araña(蜘蛛)

 

¿Adónde vas, araña? 蜘蛛さん、どこへ行くの?
Voy a la montaña. 私はへ行きます。
¿A qué vas a la montaña? 何しに山へ行くの?
A traer una rosa. 一輪のバラ持ってくるために。
¿Para qué es la rosa? バラは何のため?
Para ponerla a los pies de la hija. 足元に置くために。
¿Dónde está la hija? 娘さんはどこにいるの?
La mató una serpiente blanca. 白いが彼女を殺した。
¿Dónde está la serpiente blanca? 白い蛇はどこにいるの?
La maté y la enterré en la arena. 私はそれを殺して砂に埋めた

 

¿Dónde está la arena? 砂はどこにあるの?
La puse en un templo viejo. 古い寺院に置いた。
¿Dónde está el templo viejo? 古い寺院はどこにあるの?
Lo tiró un puerco cojo. びっこのがそれを倒した。
¿Dónde está el puerco cojo? びっこの豚はどこにいるの?
Lo maté y me quedé con la piel. それを殺してを取った
¿Dónde está la piel? 皮はどこにあるの?
La vendí. 私はそれを売った
¿Dónde está el dinero? お金はどこにあるの?
Compré esta flauta de carriso. この葦笛買ったんだ。

 

引用元:IMÁGENES Y PALABRAS(Ana María Maqueo y Juan Coronado)

 

 

メキシコのオトミ族の歌

メキシコにはラカンドン族、オトミ族、サポテコ族など、たくさんの土着の民族がいます。オトミ族はメキシコで最も古い民族のうちの一つです。

 

オトミ族はオトミ語を使っていました。オトミの人たちはアステカやマヤのように、建築物などは残しませんでしたが、詩はたくさん残っているので、詩人体質の人たちなのでしょう。

 

「templo」を寺院と訳してしまうと、仏教の寺院を思い浮かべてしまいそうですが、アステカのピラミッドも「templo」と呼ばれていたりします。

 

 

オトミ族の「templo」はびっこの豚が倒すくらいだから、小さな御堂のような感じだったのでしょうか?

 

 

ちなみに、16世紀に今のメキシコ・シティーにあったアステカの「Templo Mayor(大神殿)」はスペイン人等によって破壊されています。まさか、そのことを言っているのではないですよね?。。。

 

 

スペイン語の詩(poema)・まとめ

オトミ族の詩(poema otomí)はいかがでしたでしょうか?

 

不定冠詞(un や una)が使われた後、定冠詞(el や la)が使われていて、定冠詞不定冠詞の勉強にもなるし、直接目的語代名詞の使い方もわかりやすいのではないかと思います。

 

132. スペイン語の付加疑問文・¿no? ¿verdad? と答え方

目安時間:約 5分

スペイン語の付加疑問文、¿no? と ¿verdad? は日本語で「でしょ?」と言うときと同じ意味で使われて、文の最後に疑問符とともに置かれます。「そうでしょ?」「違う?」「そうじゃない?」という感じですね。

 

 

スペイン語の付加疑問文・¿no? ¿verdad?

スペイン語の付加疑問文 ¿verdad? についてはこちらの記事に記載していますのでご覧ください。¿no? と ¿verdad? は同じ意味と思っていただいて差し支えありません。ただ、否定文に付加疑問文を付け加える場合は通常「¿verdad?」の方を使います。

 

「¿no?」の方が若干強く聞こえるので、「¿verdad?」の方が少し丁寧と言ってもいいかもしれません。でも「¿verdad?」の方が発音が少し難しいので、「¿no?」の方が使いやすいかもしれませんね。

 

La ceremonia empieza a las nueve, ¿no? 式典9 時に始まるんでしょ?
Uds. tenían mucha hambre, ¿no? あなた方すごくお腹がすいていました。違いますか?
fuiste al mercado ayer, ¿no? 君は昨日市場に行ったんじゃない?
De todos modos vamos a llegar tarde, ¿no? どっちにしろ私たちは遅く着きますよね?

 

付加疑問文の「¿no?」のところを全部「¿verdad?」に置き換えることができます。

 

 

答え方

答え方は「¿no?」の時も「¿verdad?」の時も同じです。否定疑問文の時も肯定疑問文の時も答え方は同じです。日本語と違うので少し難しく感じるかもしれませんが、答えが肯定文の時は、どんな疑問文であったとしても答えは「Sí(はい)」になります。答えが否定文の時は、疑問文が何であったにせよ、「No(いいえ)」になります。

 

 

メキシコに住んでいるときの話です。日系人のお医者さんと結婚された日本人女性の方がいらっしゃいました。その方の娘さん(メキシコ生まれのメキシコ育ち)が日本人のお母さまのことを話してくださったことがあります。

 

 

ご自宅に訪問者が来て「先生はいらっしゃいますか?」とスペイン語で聞かれるといつも、「Sí, no está.」と言われていたそうです。日本語に訳すと「はい、おりません。」なのですが、スペイン語だと「はい、おります、おりません」となってしまって、スペイン語圏の人にすると「いるのかいないのかどっちなんだ?」となってしまいます。

 

 

スペイン語で答える時は「No, no está.」となります。「います」と答える場合は「Sí, sí está.」となります。疑問文が否定形であっても肯定形であっても関係ありません。日本語をそのまま訳すと良くない場合もあるという例として挙げさせていただきました。慣れるまでは難しいですね。

 

 

スペイン語の付加疑問文・まとめ

「¿no?」と聞いていても、「Sí」という答えを想定して聞き手は聞いています。だから大抵は「Sí」という答えになるのだと思いますが、想定外の答えの場合は「No」となることもありますよね。

 

「¿verdad?」の場合は、否定文に付いていることもあるので、その場合は「No」という答えを聞き手は想定して言っています。答えが「その通り」ということであれば、「No」。「いや、違うよ」という答えであれば「Sí」になるわけです。

 

 

131. hacer のスペイン語の例文・使い方は「する」「作る」の他にも!

目安時間:約 8分

スペイン語の動詞「hacer」の例文を記載します。「hacer」の使い方は「する」や「作る」の他にもたくさんあります。hacer の直説法現在(普通の現在形)の活用はこちらの記事にあります。hacer の接続法現在の活用はこちらの記事をご覧ください。hacer の点過去の活用はこちらの記事に書いてあります。hacer の線過去の活用は規則変化です。必要に応じてご覧いただけると幸いです。

 

 

hacer のスペイン語の例文

¿Cuánto hace que no ves a tu familia? どのくらい前から君の家族と会ってない?
Hace un año que no veo a mi familia. 1年前から私の家族と会っていません。
¿Cuánto tiempo se hace de aquí a tu casa? ここから君の家までどのくらいかかる?
Se hacen más o menos veinte minutos en camión. だいたいバスで20 分くらいかかります

 

「tiempo」は「時」という意味なので、「Cuánto tiempo」で「どのくらいの時間」という意味になります。「tiempo」を略して「Cuánto」だけでも、これらの文章の場合には「どのくらいの時間」という意味になります。

 

「Hace+時の長さ+ que +普通の現在形」で「...前から~しています」という表現になります。「時の長さ」のところに「mucho」を入れて「ずいぶん前から」と言うこともできます。使える表現ですよね?この「hace」は「前に」という意味です。2 年前であっても「hacen」にはならず、「hace dos años」となります。前置詞のようですが、時制が変わることがあるので動詞なんですね。「~して...経ちます」と訳すこともできます。

 

再帰動詞の「hacerse」を使った「Cuánto se hace」の方は「時間がかかる」という意味で、こちらはかかる時間が複数の場合は「se hacen」と複数形になります。こちらも使える表現ですよね。

 

 

hacer caso Hay que hacerles caso a tus papás. 君の両親の言うことを聞かなきゃダメだよ。
hacer un favor ¿Puedes hacerme un favor? 私のお願いを聞いてくれる?
hacer falta Hace falta el personal. 職員が足りない。
hacer escala Tengo que hacer escala en Los Angeles. 私はロサンジェルスを経由しなければならない。

 

「No hace caso」という否定文だと「無視する」という意味で使えます。

 

 

hacer la cama La sirvienta hace la cama. お手伝いさんがベッドメーキングをします。
hacer la comida ¿Quieres hacer la comida o quieres salir a cenar? 食事を作りたい?それとも夕食に出かけたい?
hacer la maleta Ya hice la maleta. 私はもう荷造りしました。
hacer a mano Van a hacer todos los adornos a mano. 彼らはすべての飾りを手作業で作ります。

 

「la maleta」というのは「トランク」のことです。

 

 

hacer cola Debemos hacer cola para entrar. 私たちは入るために並ばなければなりません。
hacer trampa Puede que te hagan trampa. 彼らは君にインチキをするかもしれないよ。
hacer daño No fue mi intención hacerte daño. 君を傷つけることは私の意図ではなかった。
hacer +不定詞(動詞の原形) El maestro de Educación Física siempre nos hace saltar. 体育の先生いつも私たちに飛び跳ねさせる。

 

「cola」は「しっぽ」や「列」という意味です。「trampa」は「わな」という意味です。「daño」は「損害」という意味です。hacer+動詞の原形で、「~させる」という意味になります(使役)。

 

 

その他、「Hace calor(暑い)」などの天候や天気に関する言い回しについてはこちらの記事をご覧ください。

 

 

hacer のスペイン語の例文・まとめ

hacer の意味は「する」や「作る」ですが、その他にもいろんな使い方があります。「どのくらい前からここに住んでいるんですか?¿Cuánto hace que vives aquí?」なんて、きっと使う機会ありそうな例文ですよね?

 

 

 

 

130. スペイン語の para の意味と por との違い・必見!

目安時間:約 8分

ここではスペイン語の前置詞「para」の意味と「por」の意味をみていきます。「para」と「por」の違いがよくわからない方は必見です!その他の前置詞についてはこちらの記事にありますので必要に応じてご覧ください。

 

スペイン語の para の意味

スペイン語の前置詞「para」は主に次のような意味で使われます。

 

目的(のために)
  • ¿Es para mí?
  • Te digo para que sepas la verdad.
  • 私にくれるの?(私のためにですか?)
  • 君が真実を知るために君に言うよ。
用途(のために)
  • Sirve para eso.
  • ¿Para qué sirve esta herramienta?
  • そのためのものだ(それのために役に立つ
  • この道具は何のために役立つの?
目的地(へ向かって) Ya se fue para su casa. もう彼(彼女)は家へ帰った
期限(までに) Tengo que entregar la tarea para mañana. 明日までに宿題を出さなければならない。
能力 Esa cosa no sirve para nada. そのやつ()は全然役に立たない。
比較(にしては) Piensa muy bien para su edad. 年齢の割にしっかり考えてる
意見(にとって) Para mí, él es un niño chiquito. 私にとっては彼は小さな子供です。
第一に(empezarと組み合わさって) Él no puede ser cantante.Para empezar, no sabe cantar. 彼は歌手ではありえない。だいたい、歌下手だし。

 

「のために」という意味で使う場合は、「para」の後に動詞を付けることもできます。例えば「Para empezar a construir la casa, necesitamos los planos.(家を建て始めるためには、設計図が必要です。」のようにです。※表の「para empezar」と使い方が違いますね。

 

「目的地へ向かって」というのは前置詞「a」の方がよく使われます。

 

能力の「para nada」の反対語は「para todo」です、「何にでも」という意味です。

 

para siempre」は「永久に」という意味です。

 

 

スペイン語の por の意味

スペイン語の前置詞「por」は主に次のような意味で使われます。

 

目的(を探して、を求めて) Pregunté por ti ayer. 昨日僕は君がいるか聞いたよ。
近辺(の辺に) Mis llaves deben estar por aquí. 私の鍵はこの辺にあるはず。
理由(だから) Por eso te llamé. だから(それだから)君に電話したんだよ。
対価(につき) Pagué quinientos yenes por la comida. 食事に500円払った
あいまいな時間(頃) Ellos vendrán por la mañana. 彼らはだいたい午前中来るだろう
一つずつ Chequé las letras una por una. 私は文字を一字ずつチェックした。
置き換え(の代わりに、に)
  • Ella puede firmar por mí.
  • Mi mamá va a cambiar este refrigerador por uno nuevo.

 

  • 彼女は私の代わりにサインすることができる。
  • 母はこの冷蔵庫を新しいのに変えるつもりだ。
手段(で) Hablé por teléfono. 私は電話で話した
丁寧語(favorと組み合わさって) Por favor. お願いします。
もちろん(supuestoと組み合わさって) Por supuesto que . もちろん答えは「yes」だよ。

 

「Gracias por todo.(いろいろとありがとう)」などもよく使いますね。

 

Este trabajo fue hecho por el profesor.(このワークは教授によってなされました。)」のような受動態の文では「によって」という意味で使われます。

 

 

para と por の違い

「para」と「por」の違いで一番わかりにくいのは両方「ために」と訳せることがあることです。

 

例えば「Trabajo por mis hijos.」は「私は息子たちのために働きます。」と訳せます。

 

「Trabajo para el Señor Hernández.」も「私はエルナンデス氏のために働きます。」と訳せます。

 

同じようですが、意味が違います。

 

「por」の方は「理由」で、「私は子供たちを養うために働きます。」など、子供たちが「働く理由」になっています。

 

「para」の方は「目的」で、「私はエルナンデス氏に奉仕するために働きます。」など、エルナンデス氏の秘書として働いたり、家事手伝いをするなどしているという意味になります。

 

 

スペイン語の para の意味と por の意味・まとめ

「para」も「por」もいろんな使い方があるので、丸暗記は難しいと思いますが、どれもよく使われる表現なので、好きな表現の仕方などありましたら覚えてみてください。

 

「para」と「por」の後ろに「私」や「君」が来る場合は「mí(アクセント記号付き)」と「ti(アクセント記号なし)」が来て、「para mí」「para ti」「por mí」「por ti」となります(前置格代名詞)。その他の人称は主語人称代名詞と同じです。つまり、「para nosotros」などです。

 

 

 

 

129. スペイン語でタクシーに乗る時の会話を実際のフレーズから学ぶ!

目安時間:約 21分

ここでは、スペイン語でタクシーに乗る時の会話を、実際にあったお話の中のフレーズから学んでいきます。お話自体もとてもいいので、良かったらお話と翻訳の部分も全部読んでみてください。

 

スペイン語でタクシーに乗る時の会話

 

Un momento. ちょっと待って(直訳:瞬間)
¿Me podría llevar la maleta al coche? 車にスーツケースを運んでもらえますか?
Ésta es la dirección. これ行先です。(紙などを見せながら)
¿Puede pasar por el centro, por favor? セントロ(中央)を通っていっていただけますか?

 

お話の中では「un momento」ではなく「un minuto(一分)」と言っています。同じように「ちょっと待って」という意味で使っています。ここでは、ところどころ、メキシコでよく使われる表現に変えています。

 

「podría」というのは可能法という形で、丁寧語としてよく使われます。この動詞の原形は「poder(できる)」です。発音の仕方が難しいとか、まだ可能法を勉強していないから使いたくない、というような場合は現在形の「puede」を使っても構いません。その場合は丁寧な言い方になるように、「por favor(お願いします)」を付けるといいですね。

 

 

¿No es la ruta más corta por el centro? セントロ経由が一番の近道ではありませんか?
No importa. いいんです(それは重要ではありません)。
No tengo prisa. Tengo prisa. 急いでません。急いでます。
Prefiero la ruta más corta. 私は一番近いルートがいいです。

 

Quiero pasear por la ciudad. 街中を見て回りたいです
¿Podría estacionarse frente  a la estación del metro? 地下鉄の駅前に駐車してもらえますか?
¿Puede irse más despacio(rápido), por favor? もっとゆっくり(速く)行っていただけますか?
Sigamos, por favor. (車を)出してください(途中停めてもらっていた後)。

 

 

 

¿Podría llevar la maletita hasta la puerta? ドアまで小さなトランクを持っていっていただけますか?
¿Cuánto le debo? おいくらですか?
¿Cuánto me cobra para ir al Museo de Antropología? 人類学博物館へ行くのにいくらお支払いしなければなりませんか?
¿Por favor me puede llamar a un taxi? すみませんがタクシーを呼んでいただけますか?

 

「Cobrar」は「お金を取り立てる」という意味なので、タクシーに乗る前に値段の交渉をするときなど、「Cuánto me cobra (私からいくら集金しますか)」という風に使うことができます。

 

 

メキシコなどの国はチップ(propina)を渡す習慣があるので、「Quédese con el cambio.(おつりはとっておいてください)」と言って多めに渡すなどするのもいいと思います。「Quédese」は「ケデセ」と発音します。

 

 

 

とあるタクシー運転手とおばあさんの会話

 

Una Dulce Lección de Paciencia

Un taxista de New York escribe lo siguiente:

Llegué a la dirección indicada y toqué la bocina. Después de esperar unos cuantos minutos, toqué otra vez.
Dado que ese era mi último viaje ese día, pensé en irme y listo, pero en cambio estacioné en el parque y fui a la entrada y toqué a la puerta.
Un minuto”, me respondió una voz débil y anciana. Sentí que alguien arrastraba algo por el suelo. Tras una larga pausa, se abrió la puerta. Una viejita de alrededor de unos 90 años se paró ante mí. Llevaba puesto un vestido estampado y un casquete con un velo enganchado con un alfiler, como si hubiera salido directamente de una película de la década de los ’40. Al lado de la anciana había una valijita de nylon. El departamento parecía como si no hubiera sido habitado durante años. Todos los muebles estaban cubiertos de sábanas. No había ningún reloj en la pared ni utensilios en los armarios. En un rincón había una caja de cartón llena de fotos.
La viejita me preguntó: “¿Me podría llevar la valija al auto?”.
Yo levanté la valijita y volví a la casa, a ayudarla. Ella se apoyó en mi brazo y fuimos caminando despacio al cordón de la vereda. Todo el tiempo ella me dio las gracias por ayudarla. “No es nada”, le dije. “Yo solamente trato a mis pasajeros de la misma manera que a mi mamá le gustaría que la traten”.
“Ay, qué buen chico eres…”, me dijo ella. Cuando subimos al taxi, ella me dio una dirección y me preguntó si podía pasar por el centro. Yo le respondí que por el centro no era la ruta más corta. Ella me miró por el espejo y me dijo: “No importa. No estoy apurada. Estoy yendo al hospicio”. La miré por el espejo. Tenía los ojos brillantes. “Ya no me queda más familia. Y el doctor dice que no me queda mucho tiempo”. Yo en silencio estiré la mano y apagué el taxímetro. “¿Qué ruta prefiere entonces?”, le pregunté. Durante las dos horas siguientes paseamos por la ciudad. Ella me mostró el edificio en el que alguna vez había trabajado de ascensorista. Viajamos por el barrio en el que ella y su marido habían vivido cuando eran recién casados. Después me hizo estacionar frente a un depósito de muebles que años antes había sido un salón de bailes que solía frecuentar de joven.
Varias veces me pidió que viajara despacio cuando pasaba por un edificio en especial o una esquina en particular y se quedaba mirando completamente absorta, sin decir nada. De repente me dijo: “Ya estoy cansada. Sigamos por favor”. Y continuamos viajando en silencio a la dirección que me había dado. Era un edificio bajo, como si fuera una clínica de reposo. Apenas estacionamos, vinieron a recibirla dos ordenanzas que al parecer la estaban esperando. Yo llevé la valijita hasta la puerta. La mujer ya estaba sentada en la silla de ruedas. “¿Cuánto le debo?”, me preguntó, metiendo la mano en el monedero. “Nada”, le respondí. “Pero usted tiene que mantener a su familia”, me dijo. “Tengo otros pasajeros”, le dije. Casi sin darme cuenta, me incliné y le di un abrazo. Ella me abrazó con fuerza. “Le diste a esta anciana unos momentos de alegría. Muchas gracias”, me dijo. Yo le apreté la mano y fui caminando al taxi.
Sentí que detrás de mí se cerró una puerta. Fue como el sonido de una vida cerrándose. Ese día no levanté más pasajeros y seguí conduciendo solo, absorto en mis pensamientos. Durante el resto del día apenas si pude hablar. ¿Qué habría pasado si a la anciana le hubiera tocado un taxista impaciente o enojado? ¿Y qué hubiera pasado si yo mismo me hubiera negado a esperarla y me hubiera ido después del primer bocinazo?
Yo siento que esto fue la cosa más importante que hice en toda mi vida. Se nos condicionó a pensar que la vida gira en torno a “grandes momentos”. Pero muchas veces los grandes momentos nos agarran de improviso. Por experiencia, les digo que conviene estar atentos…

 

Si les gustó, compartan
Breslev Español

Breslev Españolさんの投稿 2020年10月4日日曜日

 

 

 

スペイン語の翻訳

根気よく待つことの優しい教訓

 

ニューヨークのタクシー運転手が以下のことを書き記しています。

 

指示された行先に着いてクラクションを鳴らした。何分か待った後、もう一度鳴らした。その日はそれが僕の最後の仕事だったので、帰ろうと思った、それで終わり、と。だけどそうしないで公園に車を停めて、玄関へ行って戸をたたいた。

 

「ちょっと待って」と、か細くて年老いた声が答えた。誰かが何かを引きずっているように感じた。ずいぶん経ってから戸が開いた。90歳くらいの老婦人が僕の前に立っていた。彼女は、まるで1940年代の映画から直接出てきたような、ピンで留めたベール付きの小さな帽子とプリントの布地のドレスを身にまとっていた。老婦人のそばには、ナイロンの小さなスーツケースがあった。アパートは何年も人が住んでいなかったかのように見えた。すべての家具はシーツがかぶさっていた。壁には時計が一つもなく、棚には台所用品もなかった。隅に、写真でいっぱいの段ボールの箱があった。

 

老婦人は僕に「スーツケースを車に運んでいただける?」と聞いた。僕はスーツケースを持ち上げて、そして彼女を助けるために家に戻った。彼女は僕の腕につかまって、僕たちは歩道の端をゆっくりと歩いていった。彼女は僕が彼女を助けていることにずっとお礼を言っていた。僕は「何でもありませんよ」と言った。「ただ、僕のお母さんがそうしてほしいだろうことと同じことをお客さんに対してもしているだけです」と。

 

「まぁ、なんていい子なの…」と彼女は言った。タクシーに乗ると、彼女は僕に行先を告げてから、セントロの辺を通っていけるか聞いた。僕は、セントロを通るのは一番の近道ではないと答えた。彼女はミラーで僕を見て「いいのよ、急いでないから。ホスピスへ向かっているんですもの」と言った。僕は彼女をバックミラーで見た。きらきらとした目をしていた。

 

「もう私には家族は一人もいないの。それに医者にはもう先が長くないって言われてるの」。僕は静かに手を伸ばしてメーターを止めた。「じゃあ、どのルートがいいですか?」と僕は聞いた。それからの2 時間、街中をドライブした。

 

彼女はエレベーターガールとして働いたことのある建物を僕に教えてくれた。彼女とご主人が新婚当初住んでいた地区も訪れた。家具置き場となっているところの前に彼女は車を停めさせた。そこは昔、彼女が若いころよく行っていたダンスホールだった。

 

特別な建物や思い入れのある街角を通る時は何度も、ゆっくり行くよう言われた。そして何も言わずに完全に放心状態で見入っていた。突然「もう疲れたわ。行きましょう」と彼女は言った。そして、沈黙したまま、言われていた行先へと旅をし続けた。老人ホームであるかのような低い建物だった。

 

車を停めるやいなや、彼女を待っていたらしい二人の使いの者が迎えに来た。僕はトランクをドアのところまで持って行った。女性はもう車いすに座っていた。「おいくらですか?」と、手をお財布にいれながら彼女は聞いた。「何もいりません」と僕は答えた。「でも、あなたは家族を養わなければいけないでしょ」と彼女は言った。「他のお客がいますから」と僕は答えた。

 

僕は思わずかがんで彼女を抱擁した。彼女も僕を強く抱擁した。「このおばあさんに、あなたは喜びの時間をくれましたよ。どうもありがとう」と彼女は僕に言った。僕は彼女の手を握ってから、タクシーへと歩いて行った。

 

僕の後ろで扉が閉まるのを感じた。閉まっていく命の音であるかのようだった。その日はそれ以上お客を乗せないで、物思いに耽りながら一人で運転し続けた。その日はそのあとずっと、ほとんどしゃべることもできなかった。老婦人のタクシー運転手が根気よく待てない、または怒りっぽいやつだったらどうなっていただろう?それに、僕自身、最初のクラクションの後、待つことを否定して帰っていたらどうなっていただろう?

 

僕はこれが、僕の今までの人生でしたことの中で、一番いいことだったと思う。僕たちは、人生は「素晴らしい瞬間」が最も意味あるものだと考えがちだ。とはいえ、往々にして、「素晴らしい瞬間」は突然やってくる。経験からして、親切であることは有益なことだと言えるよ…

 

スペイン語でタクシーに乗る時の会話・まとめ

タクシーに乗る時、行先が有名なところであれば、行先を言って「Por favor(お願いします)」と言えばいいですね。そうでなければ、行先を書いた紙などを渡して「Ésta es la dirección.(これが住所です)」と言ってもいいです。

 

「ここでいいです」と言いたい時は「Aquí está bien.(アキ・エスタビエン)」と言ってください。「ありがとう」は「Gracias.」です!

 

 

1 2 3 11
最近の投稿
カテゴリー
サイト管理人MC(めひ・ここ)プロフィール

サイト管理人MC(めひ・ここ)です。

メキシコ市にあるUNAM大学外国人コースでスペイン語を学んだあと、メトロポリタン自治大学医用工学部に入学、卒業後は医用工学技士としてメキシコで仕事をしました。

その間、メキシコに滞在中の日本人の方たちに長年家庭教師としてスペイン語を教えてきました。

メキシコ人の夫との間に二人の子どもがいます。

メキシコには13年間住みました。メキシコ大好き、スペイン語大好きなめひ・ここです!

アーカイブ
お問い合わせ

    ランキング、クリックしてください♡

    ページの先頭へ

    error: Content is protected !!