151. tanto の意味とスペイン語の同等比較やその他の例文

目安時間:約 6分

ここでは「tanto」の意味を説明していきます。「tanto」は名詞の同等比較で使われるのでその解説も例文を交えてしていきます。ちなみに形容詞の同等比較(「同じくらい背が高い」など)はこちらの形容詞の比較級の記事をご覧ください。

 

 

tanto の意味

「tanto」の意味は「そんなにも」、「そんなに」、「こんなに」です。「そんなにも多くの」という意味だと「多くの」という意味の「mucho」と混同しやすいですが、「tanto」というのは比較の対象となるものがあります。歌詞などでは略されている場合も多いですが、「tanto que ~」と「que」の後の文章が比較の対象となり、「~するくらい」という意味になります。文章でない名詞の場合は「tanto como ~」で「~と同じくらいに」という意味になります。

 

また、「tanto 名詞 como」という形の場合は名詞の同等比較になります。詳しくは次のセクションで解説いたします。

「tanto」を使ったよく使う言い回しも例文で上げています。

 

Tanto te quiero que yo hago cualquier cosa por ti. 君のためなら何だってするくらい君が好きだ
Él come tanto como un elefante. 彼はと同じくらい食べるよ。
El taxi va a llegar en quince minutos. Mientras tanto, me voy a cambiar de ropa. タクシーは 15 分で到着する。その間僕は着替えるよ
No tengo dinero. Por lo tanto, no voy a poder ir de viaje. 私はお金がない。だから旅行には行けない。

 

 

「Tanto te quiero」は「Te quiero tanto」と言っても同じです。
「me voy a cambiar」は再帰動詞の「cambiarse」を未来形(ir a 動詞)にしています。

 

スペイン語の名詞の同等比較

形容詞の同等比較は「Soy tan alta como mi mamá.(私はお母さんと同じくらい背が高い)」のように「tan 形容詞 como」となります。

形容詞ではなく、名詞の同等比較の場合は「tanto 名詞 como」になります。が、この場合の「tanto」は上記の四つの例文の「tanto」と違って「形容詞」となるので、名詞の性や数によって次のように変化します。

 

tanto 男性名詞単数形 como」、「tanta 女性名詞単数形 como」、「tantos 男性名詞複数形 como」、「tantas 女性名詞複数形 como」。

 

Tengo tanto miedo como . 私はと同じくらい怖い(怖さを持っている)。
Yo tenía tanta alegría como usted. 私はあなたと同じくらい喜び持っていました
Hay tantos libros en mi recámara como en la sala. 私の寝室には居間と同じくらいがあります。
En la tienda hoy no hubo tantas personas como ayer. 店には今日は昨日ほどがいなかった(と同じくらいの人はいなかった)。

 

tanto の意味とスペイン語の名詞の同等比較・まとめ

「Mientras tanto(その間)」と「Por lo tanto(だから)」はよく使うので覚えておくと便利です。「Te quiero tanto.(そんなにもあなたが好きです)」のように「tanto」が動詞にかかっているような時は「tanto」は副詞なので変化しません。名詞の同等比較の場合は名詞にかかっているので「tanto」は形容詞です。だから、名詞によって「tanto, tanta, tantos, tantas」と変化します。

150. スペイン語のニュースを簡単に読むためには?

目安時間:約 5分

スペイン語のニュースを簡単に読むために何かいい方法があるでしょうか?ニュースというのは新しい出来事なので、次々新しい言葉が出てくる可能性もあります。が、コロナのニュースのように長く続くニュースは、いくつかのキーワードのスペイン語を覚えておくと、毎回簡単にわかるようになります。

 

今回は2021年8月23日のニュース記事のスクリプトを解説していきます。

 

スペイン語のコロナのニュース

México suma 6 mil 543 nuevos casos de coronavirus en las últimas 24 horas, con lo que acumula un total de 3 millones 231 mil 616 contagios y 253 mil 526 muertes, de acuerdo con el informe de la Secretaría de Salud.

En el documento técnico también se contabilizan:

  • 371 nuevas muertes
  • 483 mil 495 casos sospechosos
  • 5 millones 719 mil 950 casos negativos
  • 126 mil 739 casos activos estimados

 

https://www.milenio.com/politica/mexico-suma-6-mil-543-casos-coronavirus-24

 

上記はメキシコの「Milenio」のニュース記事です。

 

México suma 6 mil 543 nuevos casos de coronavirus メキシコはコロナウイルスの新しいケース総計が6543件となる
en las últimas 24 horas, (24時間以内)。
con lo que acumula un total de 3 millones 231 mil 616 contagios y それを加えると合計で感染者が323万1616人で
253 mil 526 muertes, 死亡が 25万3526人である
de acuerdo con el informe de la Secretaría de Salud. (保健省の報告による)。
En el documento técnico también se contabilizan: 科学的根拠に基づいた資料次のことが集計されている:
371 nuevas muertes 新しい死亡者数:371人
483 mil 495 casos sospechosos 疑わしいケース:48万3495件
5 millones 719 mil 950 casos negativos 陰性のケース:571万9950件
126 mil 739 casos activos estimados およそのアクティブなケース:12万6739件

 

 

※件数や人数などは、日本語に訳しやすいように変えている部分があります。

 

スペイン語のニュースを簡単に読むために・まとめ

始めは難しいかもしれませんが、キーワードをいくつか覚えてしまうと、関連性のあるニュースは理解しやすくなってくるはずです。とはいえ、コロナは早く終わってほしいですね!

149. スペイン語の過去未来形の活用(可能法)と例文及び意味

目安時間:約 6分

ここではスペイン語の過去未来形の活用とその例文及び意味を載せています(過去未来形のことを可能法と言う場合もあります)。なぜ過去未来と呼ばれるかというと、過去から見た未来を表すことができる形だからです。

 

スペイン語の過去未来形の活用

規則動詞は不定詞(動詞の原形)に以下の語尾が付け加えられます。-ar動詞、-er動詞、-ir動詞全部同じです。

 

不定詞に接続する語尾 例ーllegar(着く)の場合
私は ía llegaría
君は ías llegarías
あなた(彼、彼女)は ía llegaría
私たちは íamos llegaríamos
あなた方(彼ら、彼女ら)は ían llegarían

 

 

不規則動詞は未来形で不規則だったものと同じです。

 

TENER(持つ) PONER(置く) SALIR(出る) VENIR(来る)
tendría pondría saldría vendría
tendrías pondrías saldrías vendrías
tendría pondría saldría vendría
tendríamos podríamos saldríamos vendríamos
tendrían pondrían saldrían vendrían

.

VALER(価値がある) QUERER(欲する) SABER(知っている) PODER(できる)
querría sabría podría
querrías sabrías podrías
valdría querría sabría podría
querríamos sabríamos podríamos
valdrían querrían sabrían podrían

 

 

HABER(ある、いる) CABER(入る) HACER(する、作る) DECIR(言う)
habría cabría haría diría
habrías cabrías harías dirías
habría cabría haría diría
habríamos cabríamos haríamos diríamos
habrían cabrían harían dirían

 

 

過去未来形の例文と意味

スペイン語の過去未来形には次のような用法があります。

  1. 過去から見た未来
  2. 過去における疑問や推測
  3. 丁寧な表現
  4. 婉曲な表現
  5. 「~すべき」という表現(Deberの過去未来+不定詞)
  6. 何かをしたいという希望を表す表現(Gustarの過去未来+不定詞)
  7. 未来の可能性

 

1 Él me dijo que llegaría al atardecer. 彼は夕方には着くだろうって僕に言ったよ。
2 ¿Qué hora sería cuando me quedé dormida? 私(女)が寝ちゃった時は何時だっただろう
3 ¿Podría usted por favor ayudar a cambiar la llanta del coche? 車のタイヤ交換するのを手伝っていただけますでしょうか
4 Yo no compraría ese vestido. だったらその洋服買わないわね。
5 No deberías hablar así de tu familia. 君はそんな風に君の家族のことを言うべきではないよ。
6 Me gustaría visitar a tu país. 私は君のお国を訪れてみたいです。
7 Yo sí iría si vienes conmigo. 君が私と一緒に来てくれるなら私は行くでしょうね。

 

 

ちなみに現在における疑問や推測は未来形を使います。

 

スペイン語の過去未来・まとめ

過去未来形、いろいろな使い方がありますが、どれもよく使います。「~すべき」の表現は「deber」の現在形で代用することができます。丁寧な表現の「¿Podría +不定詞?」は覚えておくといい表現ですね。「Me gustaría +不定詞」も会話で重宝する表現です。

 

スペイン語初心者におすすめのコミュニティ

目安時間:約 4分

スペイン語初心者におすすめのコミュニティが始まっています!その名も“ワンランク上の「私」になれるハピネス塾”。今回はそのコミュニティについてお伝えしますね。

 

スペイン語初心者の方におすすめ

ワンランク上の「私」になれるハピネス塾”は、無料で参加できるコミュニティで、スペイン語だけでなく、頭皮美活、真の自由と健康と幸せを感じて生きるカウンセリング、溺愛婚活パートナーシップ、天職カウンセリング、腸からの健康法、過去世開放、腰痛予防、薬膳、心が軽くなるカウンセリング、かわいい笑顔を保ったまま、ゆるやかに美しく歳を重ねていけるメソッドなどが学べるスペースとなっています。

 

こちらのハピネス塾で、私めひ・ここが初心者の方に特化したスペイン語の入門コースを担当しています!スペイン語では巻き舌があるのですが、その巻き舌のやり方の講座もあります。

 

スペイン語ってどんな言語?というのがわかってくるような内容になっていますので、スペイン語初心者の方にとてもおすすめです。スペイン語の読み方も初めからカバーしてすぐに読めるようになりますし、ライブや動画で発音の仕方もご説明。ライブの場合はその場でご質問を受けることもできます。

 

スペイン語の名詞には男と女がある話や、スペイン語の動詞がどのように変化するのか、形容詞はかかる名詞が男か女によってどのように変わるのか?などの他、スペイン語のことわざなどもご紹介しながら、楽しみながら無料でスペイン語を学んでいけるように構成しています。

 

下の“ワンランク上の「私」になれるハピネス塾”の URL をクリックして参加ボタンを押すだけで簡単にご参加いただけます。

 

ハピネス塾へのご参加URLはコチラ
ワンランク上の「私」になれるハピネス塾

スペイン語初心者の方におすすめのコミュニティ・まとめ

今回、スペイン語初心者の方におすすめの無料で参加できるコミュニティ“ワンランク上の「私」になれるハピネス塾”をご紹介いたしました。こちらのコミュニティ、ハピネス塾では、スペイン語のみならず、SNSスキルアップや健康、コミュニケーション術、美、などなど、いろんな分野の情報を知れるので、ワンランク上を目指す方にとってもおすすめの場所です。

 

ハピネス塾へのご参加URLはコチラ(ハピネス塾にて参加ボタンを押すとご参加いただけます)
ワンランク上の「私」になれるハピネス塾

 

また、スペイン語だけがいい方には、有料のスペイン語をぐんぐん学べるコミュニティ「スペイン語俱楽部」もあります。上記のコミュニティはフェイスブックグループになりますが、こちらはフェイスブックではありません。詳細については下のスペイン語俱楽部メルマガ会員登録フォームに必要事項をご記入いただけますと、必要な情報が 7 日間に渡って届くようになっています。こちらは初心者の方がゼロから上級レベルまで確実にステップアップしていくコースとなっています。

 

スペイン語俱楽部メルマガ会員登録はこちらです↓
お名前  
メールアドレス

 

スペイン語ゼロ以上の方、中級の方、それ以上の方などでレッスンを受けたい方は、それぞれの方に合わせた進め方をいたしますのでご相談ください☆

148. nada の意味をスペイン語から日本語に。algo についても。

目安時間:約 7分

ここでは、スペイン語の「nada」の意味や使い方、また、「algo」や他の不定代名詞についても解説していきます!

 

nada の意味をスペイン語から日本語に

「nada」はいろいろな使われ方をします。一番最初の例文のように不定代名詞として使われる時は「なんにも~ない」という意味になります。名詞としての「無」という意味もあります。言い回しの表現もたくさんあります。「nada」が動詞の後に来るか、前に来るかで「no」が付くか付かないかはこちらの記事に書いてある通りです。nada は物に対して使われる言葉です。

 

No me gusta nada./ Nada me gusta. 私はなにも好きじゃない。
De la nada salió la planta. 何もないところから植物が出てきた。
De nada./ Por nada. どういたしまして。
Nada más. それだけ。
No tiene nada que ver. 全然関係ない。
No pasa nada. 大丈夫だよ。
No es nada. 何でもありません。
Para nada. 全然。
Nada de eso. そういうことではない。
Antes que nada, haz la tarea. まず第一に宿題をやりなさい。

 

algo の意味

「algo」も不定代名詞として使われる時は「何か」という意味になります。「nada」同様、物に対して使われる言葉です。副詞としても使われ、その場合は「少し」などの意味になります。

 

Hay algo en ti. 君には何かがある
¿Algo más? 何か他には?
Es algo grave. 重大な何かです。
Tomé algo. 少し飲みました。

 

その他の不定代名詞

上記の「nada」と「algo」はが何かを特定しないで言う不定代名詞としての使い方がありました。では、が誰かを特定しないで言う不定代名詞はあるでしょうか?それは、「nadie(誰も)」、「alguien(誰か)」や「cualquiera(誰でも)」になります。

 

また、人と物の両方に使える不定代名詞は、「ninguno(何一つ~ない、誰一人~ない)」、「alguno(何か、誰か)」、「uno(ある物、ある人)」、「el otro(もう一つの物、もう一人の人)」、「mucho(たくさんの物、たくさんの人)」、「poco(少しの物、少しの人)」、「bastante(かなりの物、かなりの人)」、「Varios(いくつかの物、何人かの人)」などが挙げられます。言っている物や人の性や数によって変化することもあります。

 

Cualquiera puede aprender a cantar. 誰でも歌うのを学ぶことができます
Uno no sabe para dónde va. 人はどっちへ行ったらいいのかわからないんだよ。
Estos paquetes van para Japón y los otros se quedan aquí. これらの小包は日本へ行って、他の物(複数)はここに残ります
Muchos ya se retiraron. 大勢の人がもう引き上げました(または、退職しました)。
¿Había gente en la calle? Sí, había bastante. 通りがいた? うん、かなりいた。
Chequé todos los productos y varios están dañados. すべての製品をチェックしたら、いくつかが損傷しています

 

 

nada や algo の意味・まとめ

ここでは、「nada」や「algo」の意味と使い方、また、その他の不定代名詞についても例文を記してみました。気に入った表現はありましたか?

 

スペイン語をめひ・ここと一緒に学んでみませんか?

初心者のためのスペイン語オンラインコース「スペイン語俱楽部」にご興味のある方は、下からメルマガ会員登録をしていただけると、詳しい説明が7 日間に渡って届くようになっています。

 

スペイン語俱楽部メルマガ会員登録はこちらです↓
お名前  
メールアドレス

 

スペイン語をオンラインで日本人講師とともに学習しませんか?

目安時間:約 6分

スペイン語をオンラインで日本人講師とともに学習してみませんか?メキシコ流スペイン語会話講座のサイトを作っている私ことめひ・ここが、スペイン語のオンラインコースを作りました。もっと人と人とがつながれる環境でスペイン語を学びたい方向けです。

 

スペイン語をオンラインで日本人講師とともに

「スペイン語俱楽部」というスペイン語をオンラインで学習できる環境をご用意いたしました。オンラインで個別レッスンを受けたり、グループレッスンを受けたりできます。メインで文法などしっかりお教えするのは、この「メキシコ流スペイン語会話講座」のサイトを作っている私こと「めひ・ここ」です。

 

私は日本生まれ、日本育ちの日本人です。スペイン語を本格的に勉強し始めたのは高校を卒業してからです。だから、小さいころにスペイン語圏で育って「いつのまにかスペイン語が自然とできるようになっていた」という人間ではありません。

 

スペイン語ができるようになったのは大人になってからです。苦労しました。もう一度言わせてください。苦労しました。だからこそ、日本人がスペイン語を勉強していく時にどんなところで苦労するのかがわかります。

 

もしこの「メキシコ流スペイン語会話講座」のサイトを見て、音声を聞いて、私「めひ・ここ」にオンラインで習ってみたいという方は、2021年 6月 30日(水)、こちらのサイトのフロントページにメールアドレス登録フォームを設置いたしましたので是非ご登録ください。

メキシコ流スペイン語会話講座フロントページ

 

人と人とのつながりを大切にしたコミュニティを目指していますので、グループレッスンやイベントはありますが、個別レッスンは数に限りがありますことから、ご興味のある方は、できるだけ早くメールアドレスをご登録いただけると「個別レッスンの枠がなくなってしまった」ということがないと思います。

 

また、すぐに「スペイン語俱楽部」に入っていただくのではなく、スペイン語俱楽部がどういうものなのかを詳細にご説明した後、納得して入っていただきたいと思っていますので、お急ぎの方には大変申し訳なく思いますが、ひとまずメールアドレスをご登録いただき、何回かのメールにて内容をよくお確かめになってから入っていただけましたらとてもうれしいです。

 

初心者でも気軽に学習できるように

スペイン語初心者の方で全くどこから手をつけていいのかわからない、という方でも気軽に学習できるような構成になっていますので、ご安心ください。フォローがしっかりしていますので、わからないことはすぐ聞いて、解決することができます。

 

遅い時間帯でもお好きな時間にレッスンを受けたりすることがきますし、詰め込み式ではなく、ゆっくりとかみ砕いて進めていきますので今現在お忙しくて時間がほとんど取れないような方でも楽しみながら続けていくことができるようになっています。

 

日本語がよくできるネイティブスピーカー講師のサポートも受けられますので、習い始めてすぐからご自分の発音が正しいことを確認してスペイン語の学習をすすめることができます。

 

とにかく、一人でどうしたらいいかわからない、ということはありません。どなたでもお気軽にスペイン語を学んでいける環境をご用意しています。

 

スペイン語をオンラインで・まとめ

スペイン語をオンラインで習う時、日本人講師に習いたいと思われる場合は良かったらメキシコ流スペイン語会話講座のサイトを作っている私「めひ・ここ」が作ったスペイン語オンラインコース「スペイン語俱楽部」を考慮に入れてみてください。

 

そして、スペイン語が少しできるようになってきたら、日本語ができるネイティブスピーカー講師と会話の練習をしてみることもできます。

 

もしご興味を持っていただけましたら、2021年 6月 30日(水)、こちらのサイトのフロントページにメールアドレス登録フォームを設置いたしましたので是非ご登録ください。何回かに分けたメールでのご説明の後、スペイン語俱楽部に入る決心をしてくださった場合、個別レッスンの権利があるコースは先着順となりますので、お受けできなくなっている場合もございますこと、予めご了承いただけますと幸いです。

メキシコ流スペイン語会話講座フロントページ

 

またはこちらから直接ご登録いただいても構いません。

 

 

 

スペイン語俱楽部メルマガ会員登録はこちらです↓
お名前  
メールアドレス

 

147. como のスペイン語の活用と「食べる」以外の意味

目安時間:約 7分

「como」は動詞「comer(食べる)」の「私は」が主語の時の現在の活用形ですが、その他の意味もいろいろあります。「como」は接続詞や副詞などとして使われることも、アクセント記号が付けば疑問詞として使われることも、感嘆文の中で使われることもあります。

 

como のスペイン語の活用

意味は「食べる」や「昼食をとる」で動詞の原形(不定詞)は「comer」です。

 

あなた、彼、彼女 私たち あなた方、彼ら、彼女ら
現在 como comes come comemos comen
点過去 comí comiste comió comimos comieron
線過去 comía comías comía comíamos comían
未来 comeré comerás comerá comeremos comerán
接続法現在 coma comas coma comamos coman
命令 --- come, no comas coma comamos coman
可能 comería comerías comería comeríamos comerían
接続法過去 comiera comieras comiera comiéramos comieran

 

現在分詞:comiendo

過去分詞:comido

 

Siempre como en casa. いつも私は家で食べます。
Como con mi familia los fines de semana. 私は週末は家族とともに食事します。
Como temprano cuando voy de compras. 買い物に行く時は早い時間に昼食をとります。
Como lo que haya en el refrigerador. 私は冷蔵庫あるものを食べます。

 

como のスペイン語・その他の使い方

 

Como ustedes saben, yo ya conseguí el trabajo. あなた方がご存知のように、私はもう仕事を手に入れました。(副詞)
Como que me siento mal. 私はなんとなく気分が悪いです。
Como regalo de bodas, nos dieron una lavadora de ropa. 結婚式の贈り物として、彼らは私たちに洗濯機をくれました。(接続詞)
Como hace calor, me dan ganas de comer un helado. 暑いので、私はアイスを食べたいです。(接続詞)

 

 

その他にも「como」を使った以下のような表現があります。

  • como quieras お好きなように
  • tan pronto como ~ ~したらすぐ
  • como no もちろん
  • tal como te dije 私が君に言った通り
  • como si fuera~ ~であるかのように
  • como sea どうでも

 

 

cómo は疑問文や感嘆文の中で

書くときはアクセント記号が付きますが、発音は同じなので会話の中で出てくると区別がつきにくいかもしれません。「cómo」は疑問文や感嘆文で使われます。

 

Cómo eres. そんなこと言わないで。(何て人)
¿Cómo se escribe tu nombre? あなたの名前はどう書きます
¡Cómo es posible! ありえない!ひどい!(どのうように可能なのか!)
¿Cómo te fue? 君、どうだった?(君にとってどう事が運んだか?)
¿Cómo? 何ですか?(聞き返す時)
¡Cómo! 何ですって!

 

その他にも以下の記事に「cómo」を使った例文が載っています。

いくらですか?¿A cómo son?

¿Cómo estás?¿Cómo se llama usted?

¿Cómo es?¿Cómo son?

¿Cómo se dice?

 

 

como のスペイン語・まとめ

「コモ」と発音するスペイン語を集めてみました。慣れるまでちょっと大変かもしれませんが、どれもよく使う表現なので覚えて使ってみてくださいね!

 

146. スペイン語の不定詞の用法・よく使われる表現と意味

目安時間:約 10分

ここではスペイン語の不定詞(動詞の原形)の用法でよく使われるものを解説していきます。

 

スペイン語の不定詞の用法

名詞

スペイン語の不定詞は文の中で、主語としてや目的語としてなど、名詞としてのすべての機能を果たすことができます。

 

Observar la luna llena es bueno para mi actividad creativa. 満月観察することは私の創作活動のために良いのです。
Mi amigo sabe solucionar el problema. 私の友達は問題解決することができます。
Lo que te recomiendo es comer bien. 私が君に薦めることは、ちゃんと食べることです。
Te quiero decir que mentir no sirve de nada. 私は君に、噓をつくことは何の役に立たない言いたい。

 

2 番目の例文の「sabe」と 4 番目の例文の「quiero」は助動詞として使われています。その他の「助動詞+不定詞」については、こちらの助動詞についての記事をご覧ください。

 

4 番目の例文では、助動詞と組み合わさった不定詞「decir」の他にもう一つの不定詞「mentir」があります。この不定詞は従節文「mentir no sirve de nada」の中の主語として不定詞が使われています。「decir que の後ろが不定詞」という訳ではありませんのでご注意ください。

 

 

al 不定詞

「al + 不定詞」で他の動作と同時の動作であることを表します直接目的語や間接目的語代名詞再帰代名詞が伴う場合は不定詞の後ろに連結されます。

 

Al contar el dinero me di cuenta que faltaba. お金数えている時に足りないことに気が付いた
Al saber de la noticia te llamé. ニュース知った時に君に電話した
¿Te lavaste las manos?

Sí, pero al lavarmelas me mojé la ropa.

を洗ったの?

うん、でも手を洗う時に洋服濡れちゃった

Blanca le pidió los libros a Alfonso,

y él al traerselos se cayó en el pasillo.

ブランカはアルフォンソに頼んだ

で、彼女にそれらを運んでいる時に廊下で転んだ。

 

「te lavaste」、「me mojé」、「se cayó」は再帰動詞です。再帰動詞についてはこちらの記事をご覧ください。

 

 

動詞+前置詞+不定詞

不定詞を従える時、前置詞を伴う動詞があります。

 

acordarse de ~ ~を思い出す、を覚えている
aprender a ~ ~を学ぶ
enseñar a ~ ~を教える
empezar a ~ ~を始める
insistir en ~ ~を主張する
acabar de ~ ~をしたばかり
dejar de ~ ~をやめる
terminar de ~ ~を終える
tratar de ~ ~を試みる
tener ganas de ~ ~の欲求がある、したい

 

Acuérdate de no hablar de eso. それについて話さないということを思い出して(命令形)
Le enseño a manejar a mi hijo de vez en cuando. 時々息子に運転するのを教えます
Él insistía en venir a mi casa. 彼は私の来ることを言い張っていた
Dejé de estudiar idiomas hace mucho. ずいぶん前に言語を勉強するのを止めました

 

前置詞+不定詞

スペイン語では前置詞の後に動詞が来る場合は、メインの動詞の人称と同じ人称の時、不定詞が使われます。直接目的語や間接目的語代名詞再帰代名詞が伴う場合は不定詞の後ろに連結されます。

 

Pregúntale para saber la verdad. 真実知るために彼(彼女)に聞きなさい。(命令形)
Entré a su cuarto sin tocar. 彼(彼女)の部屋ノックしないで入りました。
Ella saldrá de la fiesta después de bailar. 彼女踊った後、パーティーから出るでしょう。(未来形)
Tiré el vestido en lugar de arreglarlo. ドレス直す代わりに捨てました。

 

ir a 不定詞

「ir + a +不定詞」は「ir」が現在形の時は「未来を表す文」になります。

 

「ir」が点過去の場合は「~しに行った」という意味になります。

 

「ir」が線過去の場合は「~するつもりだった」という意味になります。

 

 

hacer 不定詞、soler 不定詞、A 不定詞

「hacer +不定詞」で「~させた」という意味になります。「soler +不定詞」で「よく~する」という意味になります。「A 不定詞」で何かをすることを促す表現ができます。

 

Ese cuento me hizo llorar. その物語は私を泣かせた
Aquí suele nevar mucho. ここよく雪がたくさん降ります
¡A trabajar! さぁ!仕事仕事!
¡A comer! 食べようぜ!

 

hay que 不定詞、 tener que 不定詞

「hay que +不定詞」と「tener que +不定詞」は「~しなければならない」という意味になります。以下の記事に詳しく説明されていますので、必要に応じてご覧ください。

 

「hay que 不定詞」と「tener que 不定詞」について

 

 

スペイン語の不定詞の用法・まとめ

「不定詞」は「動詞の原形」とも言い、辞書に載っている、活用する前の元の形です。タバコを吸うという動詞「fumar」も、名詞として「NO FUMAR(禁煙)」と使われることもあります。名詞としてだけでなく、他の使い方もこうしてみるといろいろありますね!

 

145. ir のスペイン語の活用といろいろな意味及び例文

目安時間:約 4分

 

ここでは「ir」のスペイン語の活用をまとめています。また、「ir」は「行く」という意味の他、いろいろな使い方がされる動詞です。例文とともに、わかりやすく解説しています。

 

ir のスペイン語の活用

あなた、彼、彼女 私たち あなた方、彼ら、彼女ら
現在 voy vas va vamos van
点過去 fui fuiste fue fuimos fueron
線過去 iba ibas iba íbamos iban
未来 iré irás irá iremos irán
接続法現在 vaya vayas vaya vayamos vayan
命令 __ ve vaya vamos vayan
可能 iría irías iría iríamos irían
接続法過去 fuera fueras fuera fuéramos fueran

 

現在分詞:yendo

過去分詞:ido

 

 

ir の意味と例文

動詞の「ir」の意味は「行く」ですが、違う意味で使われることも多いです。また、再帰動詞「irse」は「去る」や「行ってしまう」、「帰る」という意味で、これもよく使われます。

 

上の活用表にあるように、「私たち」が主語で命令形と言えるかどうかわかりませんが、「¡Vamos!」と言うと、「行きましょう!」という意味になります。また、「Vamos a 」の後に動詞の原形(不定詞)が来ると「~しましょう」という意味になります(未来形としての使い方もあります)。

 

例文 和訳 説明
Vamos a hacer un juicio. 裁判をしましょう。 Vamos a ~(~しましょう)
Pienso ir a la joyería. 宝石店へ行くことを考えています。 ir a ~(~へ行く)
¿Ya te vas? もう行っちゃうの? 再帰動詞
Voy a necesitar un coche. 私はが必要になります。 未来を表す「ir a 動詞の原形」
¡Que le vaya bien! あなたにとって事がうまく運びますように!(幸運を祈ります!) 挨拶

 

ir のスペイン語の活用と意味・まとめ

動詞の「ir」は「行く」という意味だけでなくいろんな意味で使われます。活用も不規則のものが多いので、一覧にまとめてみました。例文はそれぞれ全然違う使い方ですが、どれもとてもよく使われる言い方です。リンクのところをクリックすると、復習できるページに飛べるようになっています。

 

 

144. スペイン語の関係代名詞のque や donde, lo que など

目安時間:約 11分

ここでは、スペイン語の関係代名詞「que」、「donde」、「lo que」、「el que」、「la que」、「los que」、「las que」について詳しく解説していきます。

 

スペイン語の関係代名詞 que

スペイン語の関係代名詞「que」は、人や物(名詞)を修飾する、形容詞的従属節を従えるためのものです。

 

例えば、接続法現在などで、動詞の後などに来た接続詞の「que」とは違います。

 

形容詞的従属節によって修飾される名詞は、関係代名詞「que」の前に来るので「先行詞」と呼ばれています。

 

↓この順番になります。

先行詞 que 形容詞的従属節

 

形容詞的従属節の文の主語が先行詞の場合は問題ありません。形容詞的従属節の主語が先行詞の名詞と違う場合、先行詞が物であればいいのですが、人の時は関係代名詞「que」ではなく「quien」を使い、動詞の後に伴うべき前置詞は「quien」の前に置かれます。ただし、「ver a(を見る、に会う)」や「presentar a(を紹介する)」などの動詞で先行詞が直接目的語である場合には、前置詞「a」なしで関係代名詞「que」を使うか、または「a quien」を使います

 

El libro que le presté   le interesó mucho. 私が彼女(彼)に貸したはとても興味を引いた。
La señora que vive aquí  es mi maestra. ここに住んでいる婦人は私の先生です。
La señora que vi en la ópera es mi maestra. オペラで見た婦人は私の先生です。
La señora  con quien fui a la ópera es mi maestra. オペラへ私が一緒に行った婦人は私の先生です。

 

一番初めの例文の先行詞は物(El libro)です。形容詞的従属節「le presté(彼女に私は貸した)」の主語は「私」で先行詞の「本」ではありませんが、先行詞が物なので、関係代名詞「que」で大丈夫です。

 

二番目の例文は、形容詞的従属節「vive aquí(彼女はここに住んでいる)」の主語は先行詞の「La señora(婦人)」なので、関係代名詞「que」を使っています。

 

三番目の例文では、形容詞的従属節の主語が「私」で「La señora(婦人)」ではありませんが、「オペラで婦人を見た」ということで先行詞の「婦人」が直接目的語なので、間接目的語「que」を使っても、「que」の代わりに「a quien」をつかってもいいです。

 

最後の例文では形容詞的従属節の主語が「私」で先行詞と違う上、「La señora(婦人)」は直接目的語でもないので、ここでは関係代名詞の「quien」を使います。更に、形容詞的従属節を完全な文にすると、「Fui a la ópera con la señora.(私は婦人オペラへ行きました。)」となるので、この前置詞「con」を付けて「con quien」となります。

 

 

スペイン語の関係代名詞 donde

スペイン語の関係代名詞「donde」も先行詞を修飾する、形容詞的従属節を従えるためのものですが、こちらは、先行詞が場所の名詞で、従属節によって、その場所でのことが伝えられる場合に使われます。また、「donde」は関係副詞としての用法もあります。

 

Fuimos al restaurante donde se casó mi hermano. 私たちは私の兄弟が結婚したレストラン行った
Fuimos al restaurante que me recomendó mi hermano. 私たちは私の兄弟が私に推薦したレストランへ行った。
Ésa es la tienda donde se atiente muy bien. それが、とてもよく接待してくれるです。
Voy por donde tú vas. 私は君が行く道で行く

 

「al」は「a+el」のことです。「結婚した」という行為が先行詞の「レストラン」でありました。それに比べて2 番目の例文では同じ先行詞の「レストラン」ですが、従属節の「推薦した」はレストランでの行為ではないため、関係代名詞の「que」が使われています。

 

3 番目の例文は先行詞の「店」で「接待する」という行為があるので、関係代名詞の「donde」が使われています。

 

4 番目の例文は関係副詞として「donde」が使われている例です。この文を二つの文に分けると「Tú vas por ese camino.(君はその道で行く)」「Voy por ese camino también.(私もその道で行く)」ということになります。

 

 

lo que, el que, la que, los que, las que

「lo que」,「 el que」, 「la que」,「 los que」, 「las que」は、形容詞的従属節を従えて名詞的になります。この場合、「lo」「el」「la」「los」「las」が先行詞だと考えることもできます。

 

 

「lo que」は「事」を指すときに使用されます

 

「el que」「la que」「los que」「las que」は人や物を指すときに使われ、人や物の性や数に合わせて「el(男・単)」「la(女・単)」「los(男・複)」「las(女・複)」と変わります

 

 

¿Qué es lo que más te gustó? 一番好きだったこと何ですか
No entiendo lo que dice el maestro. 私は先生がおっしゃることわかりません
¿Cuál es el camino para ir al aeropuerto?

El que va a la derecha.

空港へ行くどれ

右へ行くやつ

La que vivía conmigo hace mucho,   ya se casó. ずいぶん前に私と一緒に住んでいた人(女性)はもう結婚しました。
¿Quiénes fueron a la reunión?

Los que diseñaron el nuevo motor.

誰(複数)集会に行った?

新しいモーター設計した人たちが。

Compré unas tijeras en aquel entonces, las que me están sirviendo mucho ahorita. あの当時、私ははさみを買いました。今とても私にとって重宝しているものです。

 

はさみは一つでも複数扱いになります。

 

また、「el que」、「la que」が人に関する場合は「quien」と置き換えることができることがあり、「los que」、「las que」が人に関する場合は「quienes」と置き換えることができることもあります。「 el que」, 「la que」,「 los que」, 「las que」の方がより限定的な意味でも使えます。

 

スペイン語の関係代名詞のqueやdondeなど・まとめ

スペイン語の関係代名詞の「que」や「donde」は先行詞を修飾する形容詞的従属節を先行詞につなぐ役割を果たします。先行詞が場所を表す名詞で、従属節の動詞が先行詞の場所でのことを伝えている場合は、関係代名詞「que」ではなく、「donde」を使います。

 

また、先行詞が人の場合で、従属節の主語でないときには、「前置詞+quien」を使います。先行詞が直接目的語である場合は前置詞の「a」なしで「que」も使えます。

 

「lo que~」は「~すること」で、「 el que~」, 「la que~」,「 los que~」, 「las que~」は「~する人」や「~する物」という意味で、人や物の性や数によって使い分けます。

 

これらすべて、文の内容によっては前置詞が前に来る場合もあります。「el que」」の前に「a」が来る場合は「al que」になります。

 

関係代名詞は省略されません。

 

 

1 2 3 13
最近の投稿
カテゴリー
サイト管理人MC(めひ・ここ)プロフィール

サイト管理人MC(めひ・ここ)です。

メキシコ市にあるUNAM大学外国人コースでスペイン語を学んだあと、メトロポリタン自治大学入学、卒業後はエンジニアとしてメキシコで仕事をしました。

その間、メキシコに滞在中の日本人の方たちに長年家庭教師としてスペイン語を教えてきました。

メキシコ人の夫との間に二人の子どもがいます。

メキシコには13年間住みました。最初はメキシコが大嫌いでした。好きになるまでにずいぶんかかったかもしれません。人生回り回ってやっとスペイン語が好きなことに気が付きました。。。

アーカイブ
お問い合わせ

    ランキング、クリックしてください♡

    ページの先頭へ

    error: Content is protected !!