114. me gusta の意味は「好き」。活用を直訳しながら文法解説!

目安時間:約 12分

「me gusta」の意味は「好き」です。では、活用はどうなるでしょうか?活用を直訳しながら文法を解説していきます。…というのも、このスペイン語の「me gusta」というフレーズ、日本語とちょっと違う使い方なので、難しいと感じるかもしれないからです。でも、大丈夫。ちゃんとわかるように説明していきます。

 

 

me gusta の意味は「好き」

「me gusta」の意味は「好き」です。「no me gusta」の意味は「嫌い」です。どちらもよく使われるフレーズです。

 

誰が好きという感情を持っているのか?というと、この場合「私」です。

 

何を好きなのか?というと、「me gusta」の後に来る物、または、「me gusta」の前に来る物を好きなのです。物が単数の場合に「me gusta」となり、好きな物が複数の場合は「me gustan」となります。「~することが好き」というように、他の動詞の原形が名詞の代わりにに来る場合は「me gusta」と単数扱いになります。

 

動詞の原形は「gustar」で、「好きである」という意味です。

 

この「gustar」のような動詞は活用が第三人称単数形と第三人称複数形でしか使われず(例外あり・後述)、このような動詞のことを、「間接目的語の動詞」と呼んだりしています。

 

なぜ、「間接目的語の動詞」と呼ばれるかというと、これらの動詞はいつも、間接目的語代名詞が伴うからです(直接目的語は必要ありません)。「me gusta」の場合「me(私に)」が間接目的語代名詞ですね。

 

Me gusta el café con leche. 私は牛乳入りコーヒーが好きです。
Me gusta levantarme temprano. 私は朝早く起きるのが好きです。
Me gustan los tacos. 私はタコス(複数)が好きです。
No me gusta comer la comida picosa. 私は辛い食べ物食べるのは好きではありません。
A mí no me gusta mucho ese vestido. 私はそのあまり好きではありません
A mí me gusta jugar con los niños. 私は子供たち遊ぶのが好きです。
El té verde me gusta mucho a mí. 私はすごく好きです。
Ese color no me gusta. 私はそのが嫌いです。

 

「levantarme」は再帰動詞ですね。

 

A mí」は「me」と同じ意味で、この場合「私」を表しますが、強調するために使っています。「A mí」を「me」の代わりに使うことはできません。

 

「Me gusta el café con leche」を直訳すると、「私にとって、牛乳入りコーヒーが好きです」で、主語は「私」ではなく、「牛乳入りコーヒー」になります。

 

「私は~が好き」と言いたいときは、「Me gusta~」か「Me gustan~」と覚えておいてください。

 

例外として「Me gustas(私は君が好きだよ)」とか、「¿Te gusto?(君は私のことが好き?)」などと、「gustar」を「gustas」や「gusto」と活用させることがあります。

 

しかしながら、ニュアンス的に「欲する」の意味合いが濃いとはいうものの、「Te quiero(私は君が好きだよ)」や「¿Me quieres?(君は私のことが好き?)」の方がよく使われるので、基本的に「gustar」の活用は「gusta」と「gustan」だけと覚えておいて問題ないと思います。

 

「No me gusta mucho」の意味は「私はあまり好きではありません」です。「Me gusta mucho」の意味は「私はすごく好きです、大好きです」です。では、「大嫌い、すごく嫌い」と言いたいときは何と言うでしょうか?

 

その場合は「odiar(嫌悪する)」という動詞を使ってください。この動詞は普通の動詞で、規則動詞なので、「私は」が主語の時は、-ar動詞の活用変化に従って「Odio」でいいです。

 

 

me gusta の活用を直訳しながら文法解説!

さて、「gustar」などの「間接目的語の動詞」の場合、活用形が5つではなくて、2つだけ(gusta と gustan)なので、覚えるのが簡単かと思いきや、間接目的語代名詞がいつも引っ付いているので、やっぱり活用5個か10個(gusta5個+gustan5個)は覚えた方がいいです…

 

直訳 意訳
Me gusta el té negro. 私にとって紅茶が好きです。 私は紅茶が好きです。
Te gusta el té negro. 君にとって紅茶が好きです。 君は紅茶が好きです。
Le gusta el té negro. あなた(彼、彼女)にとって紅茶が好きです。 あなた(彼、彼女)は紅茶が好きです。
Nos gusta el té negro. 私達にとって紅茶が好きです。 私達は紅茶が好きです。
Les gusta el té negro. あなた方(彼ら、彼女ら)にとって紅茶が好きです。 あなた方(彼ら、彼女ら)は紅茶が好きです。

 

直訳 意訳
Me gustan estos zapatos. 私にとってこれらのが好きです。 私はこれらの靴が好きです。
Te gustan estos zapatos. 君にとってこれらの靴が好きです。 君はこれらの靴が好きです。
Le gustan estos zapatos. あなた(彼、彼女)にとってこれらの靴が好きです。 あなた(彼、彼女)はこれらの靴が好きです。
Nos gustan estos zapatos. 私達にとってこれらの靴が好きです。 私達はこれらの靴が好きです。
Les gustan estos zapatos. あなた方(彼ら、彼女ら)にとってこれらの靴が好きです。 あなた方(彼ら、彼女ら)はこれらの靴が好きです。

 

直訳をしつこく書いたのは、こういう言い方をする、というのを覚えてもらいたかったからです。「何かが好き」と言いたいときは「私にとって好き」⇒「Me gusta」だったな、というのを思い出してもらえれば…「gustar」は間接目的語の動詞だということを。

 

「私」、「君」、「私達」を強調したい場合は間接目的語代名詞「me」、「te」、「nos」にそれぞれ、「a mí」、「a ti」、「a nosotros」または「a nosotras」を付け加えます。

 

A mí me gusta la cerveza. 私はビールが好きです。
A ti no te gusta la cerveza. 君はビールが好きじゃない。
Nos gusta la cerveza a nosotros. 私たちはビールが好きです。

 

間接目的語代名詞の「le」と「les」の場合は、誰のことを言っているのかが分からない時は、意味をはっきりさせるために、前置詞「a」+「誰々」という情報を付け加えることができます。

 

A Lupe y a Ricardo les gusta viajar. ルーペリカルドは旅するのが好きです。
¿Le gusta a usted viajar? あなたは旅するのが好きですか?
A todos les gusta viajar. 彼ら皆、旅するのが好きです。
Al maestro le gusta viajar. 先生は旅するのが好きです。

 

「先生」は「el maestro」ですが、前置詞「a」+「el」で「al」となっています。

 

間接目的語代名詞「me、te、le、nos、les」は、前置詞「a」+「誰々」という情報を付け加えたからといって省くことはできません!

 

「A todos」の中に自分も入る場合は「A todos nos gusta viajar」と言うこともできます。

 

 

me gusta の意味と活用・まとめ

「好き」とか「嫌い」って、会話でよく使います。でも、スペイン語の「好き」、「嫌い」は日本語や英語の言い方と違うので慣れるまではちょっと難しく感じてしまうかもしれません。慣れの問題だと思います。

 

「gustar」のような「間接目的語の動詞」は他にもたくさんあります。それらを難なく理解できるようになるためにも、「me gusta」、「me gustan」は使いこなせるように書いたり、声に出して言ってみたりしてみてください!

 

 

 

 

99. La nube y la duna(雲と砂丘)日本語訳・スペイン語のお話

目安時間:約 23分

心がほっとするスペイン語のお話を読んでみてください。日本語訳は下に記載しています。

 

 

雲と砂丘・スペイン語のお話

 

LA NUBE Y LA DUNA. Paulo Coelho.

Una joven nube nació en mitad de una gran tempestad en el mar Mediterráneo. Pero ni siquiera tuvo tiempo de crecer allí: un fuerte viento empujó todas las nubes hacia África. Sólo que, al llegar al continente, el clima cambió: un sol generoso brillaba en el cielo y debajo se extendía la arena dorada del desierto del Sahara.

Como a las nubes jóvenes les ocurre lo mismo que a los jóvenes humanos, nuestra nube decidió separarse de sus padres y de sus amigos de infancia para correr mundo.

- ¿Qué estás haciendo? -se quejó el viento-. ¡El desierto es siempre igual! ¡Vuelve a la formación y vamos al centro de África, donde hay montañas y árboles deslumbrantes!

Pero la joven nube, rebelde por naturaleza, no obedeció; después de mucho pasear, se dio cuenta de que una de las dunas le sonreía. Vio que también ella era joven, recién formada por el viento que acababa de pasar. En ese mismo instante se enamoró de su cabellera dorada.

- Buenos días -le dijo-. ¿Cómo es la vida allí abajo?

Tengo la compañía de las otras dunas, del sol, del viento y de las caravanas que de vez en cuando pasan por aquí. A veces hace mucho calor, pero se puede aguantar. ¿Y cómo se vive por ahí arriba?

- También están el viento y el sol, pero la ventaja es que puedo pasear por el cielo y conocer muchas cosas.

Para mí, la vida es corta -dijo la duna-. Cuando el viento regrese de los bosques, desapareceré.

- ¿Y eso te entristece?

- Me da la impresión de que no sirvo para nada.

- A mí me pasa lo mismo. En cuanto sople un viento nuevo, me marcharé hacia el sur y me transformaré en lluvia. En cualquier caso, ése es mi destino.

La duna caviló un poco y, al cabo, dijo:

- ¿Sabías que, aquí en el desierto, nosotros llamamos a la lluvia "el Paraíso"? He escuchado varias leyendas de las que cuentan las viejas dunas. Ellas dicen que, después de la lluvia, nosotras nos quedamos cubiertas de hierba y de flores. Pero nunca sabré lo que es eso, porque en el desierto es muy raro que llueva.

- Si quieres, yo puedo cubrirte de lluvia. Aunque acabo de llegar, ya estoy enamorada de ti, y me gustaría quedarme aquí para siempre.

- Nada más verte por primera vez en el cielo, yo también me enamoré -dijo la duna-, pero si transformas tu linda cabellera blanca en lluvia, acabarás muriendo.

El amor nunca muere -dijo la nube-. Apenas se transforma; y yo quiero mostrarte el Paraíso.

Y se puso a acariciar a la duna con pequeñas gotas, durante mucho tiempo, hasta que apareció el arco iris. Al día siguiente, la pequeña duna estaba cubierta de flores. Otras nubes que pasaban en dirección al centro de África pensaban que eso era parte del bosque que estaban buscando y dejaban caer más lluvia. Veinte años más tarde, aquella duna se había transformado en un oasis, donde los viajeros se refrescaban a la sombra de los árboles.

Todo porque, un día, una nube enamorada no había tenido miedo de dar su vida por amor.

Paulo Coelho

引用元:LA NUBE Y LA DUNA

 

 

La nube y la duna砂丘)日本語訳

 

Una joven nube nació en mitad de una gran tempestad en el mar Mediterráneo. 若々しい雲が地中海で大嵐の中、生まれた。
Pero ni siquiera tuvo tiempo de crecer allí: しかし、そこで育つ暇すらなかった。
un fuerte viento empujó todas las nubes hacia África. 強風がすべての雲をアフリカの方へ押しやった。
Sólo que, al llegar al continente, el clima cambió: ただ、大陸へ着くと気候が変わった。
un sol generoso brillaba en el cielo 寛容な太陽が空に輝き、
y debajo se extendía la arena dorada del desierto del Sahara. 下にはサハラ砂漠の金色の砂が広がっていた。

 

Como a las nubes jóvenes les ocurre lo mismo que a los jóvenes humanos, 若い雲にも、人間の若者と同じことが起こるので、
nuestra nube decidió separarse de sus padres y de sus amigos de infancia para correr mundo. 私たちの雲も世界を旅するために、親や幼い頃からの友達と別れる決心をした。
- ¿Qué estás haciendo? -se quejó el viento-. 何をしてるの?と風が不平を言った。
 ¡El desierto es siempre igual! 砂漠はいつも同じだよ!
¡Vuelve a la formación y vamos al centro de África, みんなの所に戻って、アフリカの中央に行こうよ!
donde hay montañas y árboles deslumbrantes! 輝かしい山々や木々のあるところへ!

 

Pero la joven nube, rebelde por naturaleza, no obedeció; しかし、聞かん気の強い、若い雲は言うことを聞かなかった。
después de mucho pasear, se dio cuenta de que una de las dunas le sonreía. 沢山見て歩いた後、砂丘の一つが微笑んでいることに気が付いた。
Vio que también ella era joven, 彼女もまた若者であるのが見てとれた、
recién formada por el viento que acababa de pasar. 通り過ぎたばかりの風によって形成されたばかりの。
En ese mismo instante se enamoró de su cabellera dorada. その瞬間、彼女の金色の髪に恋をした。

 

- Buenos días -le dijo-. おはよう、と彼女に言った。
 ¿Cómo es la vida allí abajo? そっちの下の方の暮らしはどんななの?
Tengo la compañía de las otras dunas, del sol, del viento 私は他の砂丘や太陽、風と一緒です、
y de las caravanas que de vez en cuando pasan por aquí. 時折この辺りを通る旅人の一団とも。
A veces hace mucho calor, 時々すごく暑いです、
pero se puede aguantar. でも我慢できます。
¿Y cómo se vive por ahí arriba? それで、そっちの上の方ではどのような暮らしですか?
- También están el viento y el sol, 風と太陽はこちらにもいるよ、
pero la ventaja es que puedo pasear por el cielo だけど、こちらのいい所は空を散歩できて、
y conocer muchas cosas. 沢山のことを知れることかな。

 

Para mí, la vida es corta -dijo la duna-. 私にとって命は短いです、と砂丘が言った。
Cuando el viento regrese de los bosques, desapareceré. 森から風が戻ってきたら、私は消えてしまうでしょう。
- ¿Y eso te entristece? それで、そのことが君を悲しませるの?
- Me da la impresión de que no sirvo para nada. 私は何の役にも立たないという気がするんです。
- A mí me pasa lo mismo. 僕にも同じことが起こるよ。
En cuanto sople un viento nuevo, 新しい風が吹いたらすぐに
me marcharé hacia el sur 僕は南の方へ立ち去るだろう、
y me transformaré en lluvia. そして僕は雨になるんだ。
En cualquier caso, ése es mi destino. どっちにしろ、それが僕の運命なんだ。

 

La duna caviló un poco y, al cabo, dijo: 砂丘は少し物思いに耽ってからついに言った:
- ¿Sabías que, aquí en el desierto, あなたは知っていますか?ここ、砂漠では、
nosotros llamamos a la lluvia "el Paraíso"? 私たちは雨のことを「楽園」と呼ぶのですよ。
He escuchado varias leyendas de las que cuentan las viejas dunas. 私は、年老いた砂丘たちが語るいくつかの伝説を聞いたことがあります。
Ellas dicen que, después de la lluvia, 彼女達が言うには、雨の後、
nosotras nos quedamos cubiertas de hierba y de flores. 私たちは草と花に覆われるのです。
Pero nunca sabré lo que es eso, でも、それがどんなものかを私が知ることは決してありません、
porque en el desierto es muy raro que llueva. なぜなら、砂漠で雨が降るのはとてもまれだからです。

 

- Si quieres, yo puedo cubrirte de lluvia. 君が欲するなら、僕は君を雨で覆うことができるよ。
Aunque acabo de llegar, 来たばかりだけど、
ya estoy enamorada de ti, もう僕は君に恋してるんだ、
y me gustaría quedarme aquí para siempre. だからずっとここにとどまることができればと思う。
- Nada más verte por primera vez en el cielo, 空にあなたを初めて見ただけで、
yo también me enamoré -dijo la duna-, 私も恋に落ちました、と砂丘が言った。
pero si transformas tu linda cabellera blanca en lluvia, でも、あなたの素敵な白い髪を雨に変身させたら、
acabarás muriendo. あなたは死んでしまうでしょう。

 

El amor nunca muere -dijo la nube-. 愛は決して死なないよ、と雲が言った。
Apenas se transforma; 変身してすぐ;
y yo quiero mostrarte el Paraíso. それで僕は君に楽園を見せてあげたいんだ。
Y se puso a acariciar a la duna con pequeñas gotas, durante mucho tiempo, そして長い間、小さな雨のしずくで砂丘を愛撫した、
hasta que apareció el arco iris. 虹が出るまで。
Al día siguiente, la pequeña duna estaba cubierta de flores. 翌日、小さな砂丘は花で覆われていた。
Otras nubes que pasaban en dirección al centro de África アフリカの中央へ向かって通り過ぎていく他の雲たちは、
pensaban que eso era parte del bosque que estaban buscando それが、彼らが探していた森の一部だと思って
y dejaban caer más lluvia. 更なる雨を落としていった。

 

Veinte años más tarde, それから20年後、
aquella duna se había transformado en un oasis, あの時の砂丘はオアシスに変身していた、
donde los viajeros se refrescaban a la sombra de los árboles. 木陰で旅人達が涼をとるオアシスに。
Todo porque, un día, それがなぜかと言えば、とある日に、
una nube enamorada no había tenido miedo de dar su vida por amor. 恋をした雲が、愛のために自分の命を捧げることを恐れなかったから。

 

 

 

 

 

La nube y la dunaの日本語訳・まとめ

日本語訳は直訳にせず、日本語でのお話の流れがきれいになるように気を付けて訳しました。

 

作者のPaulo Coelhoはブラジルの人で、ポルトガル語圏の方です。「La nube y la duna」のスペイン語はとてもわかりやすくてきれいなスペイン語なので、スペイン語の学習に適しています。

 

使える表現もたくさんあるのでスペイン語会話の参考にしてください。ちなみに、「cabellera(髪)」というのは、メキシコでは使わず、「cabello」という言葉を使います。

 

「雲と砂丘」のお話、お楽しみいただけたら幸いです。

 

 

最近の投稿
カテゴリー
サイト管理人MC(めひ・ここ)プロフィール

サイト管理人MC(めひ・ここ)です。

メキシコ市にあるUNAM大学外国人コースでスペイン語を学んだあと、メトロポリタン自治大学医用工学部に入学、卒業後は医用工学技士としてメキシコで仕事をしました。

その間、メキシコに滞在中の日本人の方たちに長年家庭教師としてスペイン語を教えてきました。

メキシコ人の夫との間に二人の子どもがいます。

メキシコには13年間住みました。メキシコ大好き、スペイン語大好きなめひ・ここです!

アーカイブ
お問い合わせ

ランキング、クリックしてください♡

ページの先頭へ