162. スペイン語の否定語、不定語、no と sí の短い答え方

目安時間:約 7分

この記事では、スペイン語の否定語とその対義語となる不定語についてと、会話でよく使われる「no」と「sí」を使った短い答え方について記載しています。

 

スペイン語の否定語 vs 不定語

スペイン語の否定語を動詞の前に置く場合はそれだけで否定文になります。動詞より後ろに否定語を置く場合は動詞の前に「no」を付けます(動詞の前に目的語代名詞や再帰代名詞がある場合はその前)。複数の否定語を一つの文の中で使う場合は通常一つの否定語を動詞の前に置きます。

 

Él nada me dijo. 彼は私に何も言わなかった。
Él no me dijo nada. 彼は私に何も言わなかった。
Nadie me dijo nada. 誰も私に何も言わなかった。

 

以下に否定語とその対義語となる不定語をハイフンで繋げています。リンクが貼ってあるものはリンク先にそれについての記事がありますので必要に応じてご覧ください。

 

nadie-alguien

誰も~ないー誰か

 

nada-algo

nada-algo,unpoco, poco,todo,mucho

何もないーalgo何か、un poco少し、poco少し、todo全部、muchoたくさん

 

nunca,jamás-siempre, algún día

決して~ないーsiempreいつも、algún díaいつか

 

casi nunca-casi siempre

ほとんどないーほとんどいつも

 

ninguno-alguno

誰一人~ない、何一つ~ないー誰か、何か

 

tampoco-también

~も~ないー~も

 

 

ni...ni-o...o

~も~も~ないー~か~か

 

Nini yo podemos comprar esa casa. その家を買えないよ。
No quiero ir a la fiesta ni contigo ni con nadie. 私はあなたと一緒誰と一緒でパーティーに行きたくない
Si yo me caso, o contigo o con nadie. もし僕が結婚するなら君と、誰とも結婚しないどっちかだよ。
 ¿Pues cuál quieres? ¿O éste o aquél? だからどれが欲しいの?これあれよ。

 

 

no と sí の短い答え方

スペイン語の会話では、答える時に動詞などを略して、「no」や「sí」を使って短く答えることが多いです。また、「no」は相手が言ったことに対してそれを否定する時にも使われます。

 

¿Ustedes vienen? Yo no. あなた方は来ますか? 私は行きません。
¿Les enseñaron a Uds. el resultado? A mí . A ellos no. 彼らはあなた方に結果を教えましたか?私は教えてもらいました。彼らは教えられてません。
¿Te duele el estómago? A mí no. 君はお腹が痛い? 私は痛くないです。
Ustedes dijeron que venían. Nosotros no, sólo Marcos lo dijo. あなた方は来ると言いましたよ。私たちは言ってません。マルコスだけがそれを言ったんです。

 

否定語、不定語、no と sí の短い答え方・まとめ

否定語とすれに対する不定語をまとめました。それぞれのリンクから、それぞれの否定語や不定語の記事に行けるようにしてあります。「ni...ni...」と「o...o...」については例文を載せました。

 

no と sí の短い答え方もとてもよく使いますので是非会話で使ってみてください。

 

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

★スペイン語が話せるようになりたいと思いませんか?スペイン語俱楽部メルマガ会員に登録すると、初心者のためのスペイン語オンラインコースについての情報が 7 日間に渡ってメールで届きます。ご登録は↓ こちらからできます。スペイン語を既に勉強されている方も、ご相談に応じることができますので、ご登録されてからお気軽にお問合せください。
お名前  
メールアドレス

 

132. スペイン語の付加疑問文・¿no? ¿verdad? と答え方

目安時間:約 6分

スペイン語の付加疑問文、¿no? と ¿verdad? は日本語で「でしょ?」と言うときと同じ意味で使われて、文の最後に疑問符とともに置かれます。「そうでしょ?」「違う?」「そうじゃない?」という感じですね。

 

 

スペイン語の付加疑問文・¿no? ¿verdad?

スペイン語の付加疑問文 ¿verdad? についてはこちらの記事に記載していますのでご覧ください。¿no? と ¿verdad? は同じ意味と思っていただいて差し支えありません。ただ、否定文に付加疑問文を付け加える場合は通常「¿verdad?」の方を使います。

 

「¿no?」の方が若干強く聞こえるので、「¿verdad?」の方が少し丁寧と言ってもいいかもしれません。でも「¿verdad?」の方が発音が少し難しいので、「¿no?」の方が使いやすいかもしれませんね。

 

La ceremonia empieza a las nueve, ¿no? 式典9 時に始まるんでしょ?
Uds. tenían mucha hambre, ¿no? あなた方すごくお腹がすいていました。違いますか?
fuiste al mercado ayer, ¿no? 君は昨日市場に行ったんじゃない?
De todos modos vamos a llegar tarde, ¿no? どっちにしろ私たちは遅く着きますよね?

 

付加疑問文の「¿no?」のところを全部「¿verdad?」に置き換えることができます。

 

 

答え方

答え方は「¿no?」の時も「¿verdad?」の時も同じです。否定疑問文の時も肯定疑問文の時も答え方は同じです。日本語と違うので少し難しく感じるかもしれませんが、答えが肯定文の時は、どんな疑問文であったとしても答えは「Sí(はい)」になります。答えが否定文の時は、疑問文が何であったにせよ、「No(いいえ)」になります。

 

 

メキシコに住んでいるときの話です。日系人のお医者さんと結婚された日本人女性の方がいらっしゃいました。その方の娘さん(メキシコ生まれのメキシコ育ち)が日本人のお母さまのことを話してくださったことがあります。

 

 

ご自宅に訪問者が来て「先生はいらっしゃいますか?」とスペイン語で聞かれるといつも、「Sí, no está.」と言われていたそうです。日本語に訳すと「はい、おりません。」なのですが、スペイン語だと「はい、おります、おりません」となってしまって、スペイン語圏の人にすると「いるのかいないのかどっちなんだ?」となってしまいます。

 

 

スペイン語で答える時は「No, no está.」となります。「います」と答える場合は「Sí, sí está.」となります。疑問文が否定形であっても肯定形であっても関係ありません。日本語をそのまま訳すと良くない場合もあるという例として挙げさせていただきました。慣れるまでは難しいですね。

 

 

スペイン語の付加疑問文・まとめ

「¿no?」と聞いていても、「Sí」という答えを想定して聞き手は聞いています。だから大抵は「Sí」という答えになるのだと思いますが、想定外の答えの場合は「No」となることもありますよね。

 

「¿verdad?」の場合は、否定文に付いていることもあるので、その場合は「No」という答えを聞き手は想定して言っています。答えが「その通り」ということであれば、「No」。「いや、違うよ」という答えであれば「Sí」になるわけです。

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

★スペイン語が話せるようになりたいと思いませんか?スペイン語俱楽部メルマガ会員に登録すると、初心者のためのスペイン語オンラインコースについての情報が 7 日間に渡ってメールで届きます。ご登録は↓ こちらからできます。スペイン語を既に勉強されている方も、ご相談に応じることができますので、ご登録されてからお気軽にお問合せください。
お名前  
メールアドレス

 

 

最近の投稿
カテゴリー
サイト管理人MC(めひ・ここ)プロフィール

サイト管理人MC(めひ・ここ)です。

メキシコ市にあるUNAM大学外国人コースでスペイン語を学んだあと、メトロポリタン自治大学入学、卒業後はエンジニアとしてメキシコで仕事をしました。

その間、メキシコに滞在中の日本人の方たちに長年家庭教師としてスペイン語を教えてきました。

メキシコ人の夫との間に二人の子どもがいます。

メキシコには13年間住みました。最初はメキシコが大嫌いでした。好きになるまでにずいぶんかかったかもしれません。人生回り回ってやっとスペイン語が好きなことに気が付きました。。。

アーカイブ
お問い合わせ

    ランキング、クリックしてください♡

    ページの先頭へ

    error: Content is protected !!