5. 「お国はどちらですか?」ってスペイン語で何と言う?

目安時間:約 5分

「お国はどちらですか?」ってスペイン語で何と言うでしょうか?今回も、初対面であっても、お相手に対して堅苦しい質問の仕方をする必要がないと判断される場合と、ビジネスなどで、礼儀正しく質問した方がいい場合の二通りご紹介します。

「お国は?」(フランクな話しかけ)

¿De dónde eres?

De Japón, ¿y tú?

意味:
君はどこの国の人?

日本だよ、君はどこから来たの?

説明:

De~から
dóndeどこ
eresあなたは~です(フランクな話しかけ)
Japón日本
yそして
あなたは(フランクな話しかけ)

「お国はどちら?」と聞きたいときで、相手の人がフランクな話しかけをしても良さそうな場合に「¿De dónde eres?」という表現を使います。

でも、お気付きかもしれませんが、「国」という言葉は入っていませんので、直訳すると「あなたはどこから来た人ですか?」となります。つまり、状況によって、答えは国の名前か、地方の名前か、または会社の名前である場合もあります。

国の名前は始めの文字は大文字になります。

「お国はどちらですか?」(礼儀正しい言い方)

¿De dónde es Ud.?

Soy de México, ¿y usted?

意味:
ご出身はどちらですか?

私はメキシコ出身です、あなた様はどちらですか?

説明:

De dóndeどこから、どこ出身
es(礼儀正しく)あなたは~です
Ud.usted の略、あなた(相手に対して礼儀正しい言い方)
Soy私は~です
de Mexico メキシコ出身、メキシコから
y ustedそれであなたは(相手に対して礼儀正しい言い方)

「De dónde」は、今回の場合のように、主語が人の場合は、その人の出身地を聞いているわけですが、主語が物の場合は「どこ製」という意味になります。

例えば主語が物であれば、「de México」は「メキシコ製」という意味になります。

国名などのスペイン語一覧表

Alemaniaドイツ
Argentinaアルゼンチン
Australiaオーストラリア
Austriaオーストリア
Bélgicaベルギー
Boliviaボリビア
Brasilブラジル
Canadáカナダ
Colombiaコロンビア
Congoコンゴ
Corea韓国
Cubaキューバ
Chileチリ
China中国
Ecuadorエクアドル
Egiptoエジプト
Españaスペイン
Estados Unidosアメリカ
Filipinasフィリピン
Finlandiaフィンランド
Franciaフランス
Greciaギリシャ
Guatemalaグアテマラ
Haitíハイチ
Indiaインド
Indonesiaインドネシア
Inglaterraイギリス
Irlandaアイルランド
Israelイスラエル
Italiaイタリア
Japón日本
Méxicoメキシコ
Mongoliaモンゴル
Panamáパナマ
Perúペルー
Poloniaポーランド
Portugalポルトガル
Puerto Ricoプエルトリコ
Rusiaロシア
Sueciaスウェーデン
Suizaスイス
Tailandiaタイ
Turquíaトルコ
Ucraniaウクライナ
Venezuelaベネズエラ
Viet Namベトナム
África アフリカ
América アメリカ大陸
Asiaアジア
Europaヨーロッパ

スペイン語で「お国はどちら?」まとめ

スペイン語で「お国はどちらですか?」と言いたいときは、初対面でもざっくばらんな言い方をしても大丈夫そうな場合、「¿De dónde eres?」と言います。

馴れ馴れしくしない方がいい場合は「 ¿De dónde es usted?」と言えばいいです。

ちなみに、スペイン語圏の国へ行ってスペイン語を学ぶための学校に入ると当然のこととしてスペイン語圏の人たちはいないので、スペイン語圏以外の国の人たちとお友達になります。

スペイン語圏の人とお友達になりたい場合は、アメリカで英語を学ぶ学校とかに入った方が「メキシコ人だらけ」だったりしていいかもしれませんね(日本人だらけの場合もありますが…)。

4. 「名前は何ですか?」をスペイン語で何と言う?

目安時間:約 6分

「名前は何ですか?」をスペイン語で何と言うでしょうか?それは、お相手がどんな人かによって少し変わってきます。

名前を聞く位だから「親しい間柄」とは言えないかもしれませんが、雰囲気的に、親しみを込めた「あなた」という言い方にする場合と、ちょっと距離を置いた「あなた」という言い方にするする場合で違ってきます。

親しみを込めた言い方「名前は何?」

¿Cómo te llamas?

意味:
君の名前は何?

説明:

Cómoどのように
te llamasあなたは呼ばれます(親しみを込めて)

疑問詞「Cómo」が使われています。疑問詞付きの疑問文は音声を聞いていただいてもわかるように、末尾を上げてもいいし、下げてもいいです。

「あなたの名前は?」と聞きたい時に、この言い方を使います。「あなた」にあたる人が親しみを込めて言っても問題のない場合です。

名前を聞かれたら、名字ではなく、名前の方を言います。

Linda, ¿y tú?

Linda, ¿y tú cómo te llamas?

意味:
リンダよ、あなたは?

リンダよ、あなたは何ていう名前なの?

説明:

Lindaリンダ(女性の名前)
yそして
君は(親しみを込めて)
cómo te llamas名前は何ですか(親しみを込めて)

スペイン語の疑問文には必ず文頭に「¿」のマークが付いて、末尾に「?」が付きます。

二つの例文の上の方は「cómo te llamas」が略してあります。

名前も知らない初対面であっても、改まった聞き方をする必要のない時に聞く聞き方です。

距離を置いた言い方「お名前は何ですか?」

¿Cómo se llama usted?

意味:
あなたのお名前は何ですか?

説明:

Cómoどのように
se llamaあなたは呼ばれます(距離を置いた言い方)
ustedあなた(距離感のあるあなた)

馴れ馴れしい言い方を避けたいときに言う言い方です。年配の人が若い人に対して言う場合でも、礼儀正しく言いたい場合はこの聞き方で構いません。

Takeshi Kato, ¿y Ud.?

Takeshi Kato, ¿y usted cómo se llama?

意味:
加藤たけしです、で、あなたのお名前は?

加藤たけしです、あなたのお名前は何とおっしゃいますか?

説明:

yそして
Ud.ustedの略、あなた(丁寧な言い方)
usted cómo se llamaあなたはどのように呼ばれていますか(丁寧な言い方)

二つの例文とも、同じ意味です。状況によっては名前だけでもいい場合もありますが、礼儀正しい言い方なので、名前と名字両方言うことの方が多いですね。

日本人は名前を聞かれると名字だけ言う場合が普通ですが、スペイン語の場合は必ず名前は言います。名字を言う場合も、先に名前を言ってから名字を言ってください。

ちなみに「たけし」の発音は日本式に「た」にアクセントが来るように言っていますが、スペイン語圏の人たちは「け」にアクセントを置いて発音します。そのうち感化されて自分でも「け」にアクセントを置いて「たけし」と言うようになってくると思いますよ…

スペイン語の名前や名字についての豆知識

日本人は名字が一つ、名前が一つですよね?スペイン語圏の人たちは、名前が複数あるのが普通だし、名字も複数あります。

日本人でも、メキシコのような国に住んだりすると、名字を二つは書かなければならなくなったりします。私の両親は初めのうち、二つ目の名字のスペースに何を書いたら良いのかわからず、名字を2回繰り返して書いていたそうです。

一つ目の名字は父方の名字です。二つ目の名字は母方の名字です。更に女性は結婚すると母方の名字の後に「de ご主人の名字」が付きます。結婚しても父方の名字も母方の名字も無くならないのですね。

名前も二つ以上あったりすると、やたらと長い名前になったりします。

「名前は何ですか?」をスペイン語で何と言う?まとめ

メキシコなどでは、親しい間柄では名前を呼び捨てにします。日本人は最初は名前を呼び捨てにすることに抵抗を感じるかもしれません。リンダさん、とか、さん付けしたくなりますよね。

日本に住んでいるスペイン語圏の人に対してならそれで良いでしょうけれど、外国に出たら、郷に入っては郷に従えで、呼び捨てに早く慣れられればいいですね!

改まった言い方の方でしたら、名字の前にセニョール(男性の場合)とか、セニョーラ(既婚女性の場合)とか、セニョリータ(未婚女性の場合)を付けて、例えば、Señor Kato なんて感じで、「加藤さん」と言うことができます。

ということで、「名前は何ですか?」はスペイン語で「¿Cómo te llamas?」または「Cómo se llama Ud.?」と言います。


3. 「はじめまして」をスペイン語で何と言う?

目安時間:約 5分

「はじめまして」をスペイン語で何と言うでしょうか?ここでは、人を紹介したりするときのスペイン語の表現を学んでいきます。

人を紹介するときの会話例

Sr. Gómez, le presento a mi amiga Leticia.

Mucho gusto, señorita.

Mucho gusto, señor.

意味:
ゴメスさん、私の友達のレティシアをご紹介いたします。

はじめまして、お嬢さん。

はじめまして、セニョール。

説明:

Sr.Señorの略、姓の前に付ける敬称(男性)
Gómezゴメス(名字)
leあなたに(丁寧な言い方)
presento私は紹介します
a
mi私の
amiga女友達
Leticiaレティシア(女性の名前)
Mucho gustoはじめまして
señoritaお嬢さん(未婚の女性に対して)
señor旦那さん(大人の男性に対して)

セニョールが2回出てきました。一つ目のセニョールは、男性の姓で「~さん」と言うときに使います。二つ目のセニョールは、日本ではあまり使いませんが、スペイン語圏の人たちは挨拶のときによく名前や、「セニョール」などの敬称を付随して使います。

Keiko san, te presento a Daniela.

Hola, Daniela. Me da mucho gusto.

Hola, mucho gusto.

意味:
恵子さん、君にダニエラを紹介するよ。

ダニエラ、こんにちは。会えてうれしいです。

こんにちは、はじめまして。

説明:

te君に(親しい間柄)
presento私は紹介します
a
Danielaダニエラ(女性の名前)
Holaこんにちは(朝昼晩関係なく)
Me da mucho gusto私はとてもうれしいです
mucho gustoはじめまして

「はじめまして」は「mucho gusto」です。「mucho」は「たくさん」、「gusto」は「よろこび」という意味で、「Me da mucho gusto」は「私にたくさんの喜びをもたらします」という意味です。

Sra. García, quiero presentarle a mi esposa Ana María.

Mucho gusto, Ana María.

Mucho gusto, señora.

意味:
ガルシアさん、あなたに私の妻、アナマリアをご紹介したいと思いまして。

はじめまして、アナマリア。

はじめまして、奥様。

説明:

Sra.Señoraの略、姓の前に付ける敬称(既婚女性)
Garcíaガルシア(名字)
quiero presentarle私はあなたに紹介したいです(丁寧な言い方)
a
mi私の
esposa
Ana Maríaアナ マリア(女性の名前)
Mucho gustoはじめまして
señora奥さん(既婚女性に対して)

名字で「~さん」という場合でその人が既婚女性のときは、名字の前にセニョーラを付けます。

スペイン語圏の人たちは名前が複数ある人が多いです。ちなみに名字も複数あります。

Luis, quiero presentarte a Miki.

Hola, Miki.

Hola.

意味:
ルイス、美紀を紹介するね。

やあ、美紀。

こんにちは。

説明:

Luisルイス(男性の名前)
quiero presentarte君に私は紹介したい(親しげに)
a
Holaこんにちは(親しげに)

「紹介します」の言い方を2種類ご紹介しました。「Presento(紹介します)」のときは、あなたに(le または te)が動詞の前に来ます。

「Quiero presentar(紹介したいです)」のときは、「presentar」の後に「あなたに(le または te)」が引っ付いています。前に持っていってもいいんですけれどね。

「quiero presentar」と「presento」どちらがいいですか?

「はじめまして」をスペイン語で・まとめ

「はじめまして」はスペイン語で「Mucho gusto」と言います。覚えておくと役に立つ表現ですね。素敵な出会いがありますように!

2. graciasの意味は?スペイン語の挨拶

目安時間:約 12分

graciasの意味は何でしょうか?ここではスペイン語の挨拶表現をご紹介します。その中に「gracias」も出てきますので、探してみてください。音声も入れてありますので発音の仕方がわかりやすいようになっています。

スペイン語の挨拶

出会った時の挨拶

Buenos días, señor. ¿Cómo está usted?

Muy bien, gracias, ¿y usted?

Bien, gracias.

意味

おはようございます、セニョール。お元気ですか?

とても元気です、ありがとう。あなたはどうですか?

元気です。ありがとうございます。

説明:

Buenos díasおはよう
señor旦那さん
¿Cómo está usted?お元気ですか?(丁寧な言い方)
Muyとても
bien良い
graciasありがとう
yそして
ustedあなた(丁寧な言い方)

スペイン語の挨拶では、挨拶をした後、相手の名前を言ったり、敬称を添えるのが普通です。挨拶をする相手の人が男性で、丁寧な言い方で言いたい場合は、「セニョール」を付け加えてみましょう。

スペイン語で「あなた」と言う場合は2種類あります。友達同士や子どもに対して話す時の「あなた」と、相手の人が目上であったり、馴れ馴れしい言い方をしたくない、丁寧な言い方の「あなた」です。

この会話の例では、二人とも相手の人に対して丁寧な「あなた」という言い方、「usted」を使っています。

¿Cómo estás, Teresa?

Bien Guillermo, ¿y tú?

Pues más o menos.

¿Pero por qué?

Ah, porque me cansé mucho en la oficina.

意味

テレサ、元気?

ギジェルモ、元気よ。あなたは?

まあまあってところかな。

え、何で?

えーと、事務所で結構疲れたからね。

説明:

¿Cómo estás?元気?(親しい間柄か目下の者に対して)
Teresaテレサ(女性の名前)
Bien良い
Guillermoギジェルモ(男性の名前)
¿y tú?そして 君は? (親しい間柄か目下の者に対して)
Puesまぁ
más o menos可もなく不可もなく
Peroしかし
por quéなぜ
Ahあぁ
porqueなぜなら
me cansé私は疲れた
mucho沢山、とても(量的に)
en la oficina事務所で

この会話例では、前の会話例と反対に、二人とも親しい間柄の「あなた」である、「tú」を使っています。

「más」は「プラス」という意味で「o」は「または」です。「menos」は「マイナス」という意味なので「más o menos」は「プラマイ・ゼロ」みたいな感じですね。「普通」という感じです。

Buenas tardes, señora.

Buenas tardes, Raúl.

¿Cómo ha estado?

Muy bien, Raúl, gracias. ¿Y tú cómo has estado?

Bien también. Gracias.

意味:

奥さん、こんにちは。

こんにちは、ラウール。

お元気でしたか?

とても元気よ、ラウール、ありがとう。それであなたはは元気にしてたの?

僕も元気でした。ありがとうございます。

説明:

Buenas tardesこんにちは
señora奥さん(既婚の女性)
Raúlラウール(男性の名前)
¿Cómo ha estado?お元気ですか?(丁寧な言い方)
Muyとても
bien良い
Graciasありがとう
Yそして
¿tú cómo has estado?君は元気?( 親しい間柄か目下の者に対して)
también~も(この例では「私も」)

セニョーラは場合によって「おばさん」と訳してもいいかもしれません。

この会話例では「ラウール」という男性が既婚女性に対して丁寧な言い方で言っているのに対して、セニョーラの方は男性に対して親しい言葉を使っているので、「ラウール」よりもだいぶ年上なのでしょう。

¡Hola! ¿Qué tal?

Muy bien, ¿y tú?

Todo bien, gracias.

意味:

やあ!元気?

すごく元気、で、君は?

何もかも問題ないよ、ありがとう。

説明:

Holaやあ(英語のHello)
¿Qué tal?元気?
Muyとても
bien良い
yそして
君( 親しい間柄か目下の者に対して)
Todo全部
graciasありがとう

「Hola」という挨拶はとてもよく使われる表現です。朝も夜も関係なく「こんにちは~」と親しみを込めて言う感じですね。

Buenas noches, señorita. ¿Cómo está usted?

Estoy bien, gracias. ¿Y usted cómo ha estado?

Muy bien, muy bien, señorita. Gracias.

意味:

こんばんは、お嬢さん。ご機嫌いかがですか?

私は元気です。ありがとうございます。そして、あなた様はお元気でいらっしゃいますか?

元気も元気、大元気ですよ、お嬢さん。ありがとう。

説明:

Buenas nochesこんばんは
señoritaお嬢さん(未婚の女性)
¿Cómo está usted?お元気ですか?(丁寧な言い方)
Estoy私は~です
bien良い
graciasありがとう
Yそして
¿usted cómo ha estado?あなたはお元気ですか?
Muyとても

相手の女性が未婚か既婚かわからない時はどうすればいいかって?その場合は「セニョリータ」と言っておくのが無難です。

「Estoy」というのは動詞です。元気か質問されて答えるとき、動詞が省かれることが多いです。

別れる時の挨拶

Hasta luego, maestro.

Sí, que les vaya bien. Estudien mucho.

意味:

ではまた、先生。

うん、気を付けて。しっかり勉強はしなさいね。

説明:

Hasta luegoではまた、さよなら
maestro先生(男性)
はい
que les vaya bien幸運を祈ります(複数の人に対して)
Estudien勉強しなさい(複数の人に対して)
muchoいっぱい、沢山

「que les vaya bien」を1人の人に言う場合(丁寧な言い方)は「que le vaya bien」となって、「s」が取れます。お別れのときに日本でよく言う「お元気で」の替りに言うといい表現で覚えておいて損はありません。

Tomás, al rato nos vemos.

Sí, Mónica. Regreso rápido.

意味:

トマス、また後でね。

うん、モニカ。すぐ戻るよ。

説明:

Tomásトマス(男性の名前)
al ratoあとで
nos vemos会いましょう、さようなら
はい
Mónicaモニカ(女性の名前)
Regreso私は戻ります
rápido早く、すぐに

「nos vemos」という表現は「さようなら」という意味で用いていいのですが、「あとで」という意味の「al rato」と一緒に使われる場合は、「今別れるけど後で会おうね」という意味になります。ちょっとの間のお別れの時に使う表現です。

Bueno, ya me voy.

Ándale. Que te vaya bien.

意味:

じゃ、もう帰るよ。

わかった。元気でね。

説明:

Buenoそれでは
yaもう
me voy私は行きます
Ándaleそうだね( 親しい間柄か目下の者に対して)
Que te vaya bienうまくいくように( 親しい間柄か目下の者に対して)

「Bueno」というのは「良い」という意味の言葉ですが、この会話例では「それじゃ」という意味で使われてとても便利な言葉です。突然「帰る」とか「さよなら」なんて言うと喧嘩別れしたみたいですよね?「Bueno」を入れた方が帰りやすくなります。

「Que te vaya bien」は先ほどの「Que le vaya bien」の親しい間柄バージョンですね。直訳すると「あなたにとって物事がうまくいきますように」という意味です。

Bueno, nos vemos.

Sí, hasta mañana, señorita. Qué descanse.

意味:

それでは、おいとまいたします。

はい、お嬢さん、また明日。おやすみなさい。

説明:

Buenoでは
nos vemosさようなら
はい
hasta mañanaまた明日
señoritaお嬢さん(未婚の女性)
Que descanse休んでください

「nos vemos」というのは「さようなら」という意味で使われているのですが、直訳すると「また会いましょう」という意味なので、「はい」となっているわけです。

Adiós. Buenas noches.

Buenas noches. Saludos a su familia.

Muchas gracias. Saludos a su familia también.

Muchas gracias.

意味:

さようなら。良い夜をお過ごしください。

良い夜を。ご家族によろしく。

どうもありがとう。あなたのご家族にもよろしくお伝えください。

どうもありがとうございます。

説明:

Adiósさようなら
Buenas noches良い夜を
Saludos a su familiaご家族によろしく(丁寧な言い方)
Muchas graciasどうもありがとう
también~も(この例では「あなたのご家族にも」)

「Buenas noches」は「こんばんは」という意味だと前の方の会話例でお伝えしました。この「Buenas noches」、お別れの時に使うと、「良い夜を」という意味で使えます!

「家族によろしくね」という感じで親しい間柄の人などに言いたい場合は、「Saludos a tu familia」と、「su」が「tu」になります。「奥様によろしく」の場合は「Saludos a su esposa」というように、「家族」の意味の「familia」のところを変えればいいわけです。

graciasの意味は?まとめ

「gracias」の意味、わかりましたでしょうか?そうですね。「ありがとう」です。スペイン語の挨拶表現というのはたくさんありますが、ここに載せた表現は、どれも暗記して使ってみるのにいい表現ばかりです。

ただ、相手の人に対して丁寧な「あなた」の表現を使うのか、親しみを込めた「あなた」の表現を使うのかはよく見極めてくださいね!

最近の投稿
カテゴリー
サイト管理人MC(めひ・ここ)プロフィール

サイト管理人MC(めひ・ここ)です。

メキシコ市にあるUNAM大学外国人コースでスペイン語を学んだあと、メトロポリタン自治大学医用工学部に入学、卒業後は医用工学技士としてメキシコで仕事をしました。

その間、メキシコに滞在中の日本人の方たちに長年家庭教師としてスペイン語を教えてきました。

メキシコ人の夫との間に二人の子どもがいます。

メキシコには13年間住みました。メキシコ大好き、スペイン語大好きなめひ・ここです!

アーカイブ
お問い合わせ

ページの先頭へ