112. スペイン語の点過去と線過去の違い・使い分けがあっと言う間に分かる

目安時間:約 12分

ここでは、スペイン語の点過去と線過去の違いや使い分けが、あっと言う間に分かるように、解説していきます。

 

 

 

スペイン語の点過去と線過去の違い

スペイン語の点過去と線過去の違いを黄色のマーカーとピンクのマーカーで分かりやすいように分けてみました。黄色が点過去で、ピンクが線過去です。

 

動詞によっては、意味が瞬間的な動作や、始まりから終わりまでが短い時間である動作に関するものがあります。過去において、瞬間的な動作や完結している動作を表すときに、点過去(el pretérito)を使います。

 

Un ciclista se cayó durante la competencia. サイクリスト競技転んだ
Se murió el pájaro anoche. 昨夜死んだ
Choqué contra una camioneta. 私はトラックぶつかった
¿Te rompiste el dedo ? 君は折ったのか?
Cerré la puerta con llave. 私は閉めた
Las visitas llegaron tarde. 訪問客遅く着いた

 

↓不規則動詞

CAERSE(転んだ、落ちた) MORIRSE(死んだ) CHOCAR(ぶつかった)
me caí me morí choqué
te caiste te moriste chocaste
se ca se murió chocó
nos caimos nos morimos chocamos
se cayeron se murieron chocaron

 

「romperse(折れる、割れる)」は再帰動詞です。「romperse」、「cerrar(閉める)」、「llegar(着く)」は規則動詞です。

 

 

しかしながら、上記のような、意味が瞬間的な動作や、始まりから終わりまでが短い時間である動作に関する動詞であっても、過去における習慣や繰り返しを表す場合は線過去(el copretérito)を使います。

 

Él siempre se caía durante las competencias. いつも競技中転んでいた
Armando se moría de la risa muy seguido. アルマンドはしょっちゅう笑いころげていた(笑い死にそうになっていた)。
Los coches a veces chocaban en esa glorieta. 時々そのロータリー衝突していた
Cada rato se me rompían los lentes. しょっちゅうメガネを壊していた(私にとってメガネが壊れていた)。
Por lo general cerraba yo la puerta con llave. 普通鍵で戸を閉めていた
Ellos nunca llegaban tarde. 彼ら決して遅刻しなかった遅く着かなかった)。

 



 

 

また、動詞によっては、意味が過去の継続した動作や、情景、状況など、時の流れと関係するものがあります。そのような動詞は線過去で表現することができます。

 

Vivíamos en México. 私たちはメキシコに住んでいた
Llovía mucho. 雨が沢山降っていた
Yo esperaba su regreso. 彼の(彼女の)帰り待っていた

 

しかしながら、上記のような、意味が過去の継続した動作や、情景、状況など、時の流れと関係する動詞であっても、過去の一定期間内である言葉を使ったり、動作の始まりや終わりで限定される場合は、点過去を使います。

 

Vivimos en México en 1999. 1999年にメキシコに住んでいました
Llovió toda la noche. 夜中雨が降っていました
Lo esperé dos horas. 私は彼を2時間待ちました

 

スペイン語の点過去と線過去の使い分け(中断)

スペイン語の点過去と線過去を使い分けるとき、以下の例文のように、一つの動作が、もう一つの過去において継続している動作を中断しているかのように見える時は、継続している動作に線過去を使い、中断する動作に点過去を使います。

 

Hablábamos con el rector cuando sonó el teléfono. 電話鳴ったとき、私達は学長話していた
Llegó la señorita mientras cenábamos. 私達が夕食をとっていた娘さん着いた

 

スペイン語の点過去と線過去の使い分け(するつもりだった)

「IR+a+動詞の原形」で、動詞IRが現在形の時は、未来を表すことができました。「~するつもりです」という文章ですね。

 

この動詞IRを線過去(不規則動詞)にすると、「IR+a+動詞の原形」で「~するつもりでした」という文章になります。普通、「するつもりだったけど、しなかった」という意味で使い、「しなかった」理由は現在形でも、点過去でも、未来形でも表すことができます。

 

また、動詞IRを点過去(不規則動詞)にすると、「IR+a+動詞の原形」で「~しに行った」という、全然違った意味になります。

 

動詞IRを現在形に 動詞IRを線過去に 動詞IRを点過去に
Voy a preguntarle al maestro. Iba a preguntarle al maestro. Fui a preguntarle al maestro.
先生に質問するつもりだ。 先生に質問するつもりだった 先生に質問しに行った

「preguntarle」の「le」は間接目的語代名詞で、この場合「先生に」を意味しています。

 

 

スペイン語の点過去と線過去の使い分け(言ったこと)

複合文にて、主節動詞が点過去で、「言ったこと」などが現在形であった場合、その現在形で言った内容を従節文の中では線過去で表します

 

主節動詞が点過去 言った事(現在、未来も) 従節動詞は線過去
Dijo:言った: ”Necesito dinero”「お金が要る」 Dijo que necesitaba dinero.

お金が要る言った

Preguntó:聞いた: ”¿Cuándo vas a ir?”「いつ行く?」 Preguntó que cuándo ibas a ir.

いつ君が行くつもりなのか聞いた

Opinó:意見した: ”Hay que estudiar”「勉強しなきゃ」 Opinó que había que estudiar.

勉強すべきだ意見した

Avisó:知らせた: ”Me siento mal”「気分が悪い」 Avisó que se sentía mal.

気分が悪い知らせた

Pensó:考えた: ”Es buena idea”「いい考え」 Pensó que era buena idea.

いい考え考えた

 

スペイン語の点過去と線過去が分かる・まとめ

スペイン語の点過去と線過去の違い・使い分けがあっと言う間に分かるように、まとめてみました。もし、分からないことがあったら、コメントいただけますか?分かってもらえるまで、説明いたします!

 

 

111. repitió, corrigió, se vistió, se despidióの意味・スペイン語の点過去4種

目安時間:約 9分

ここでは、スペイン語の点過去の不規則動詞4種、「repitió」、「corrigió」、「se vistió」、「se despidió」の意味や活用、例文をみていきます。点過去と線過去の違いについてはこちらの記事をご覧ください。

 

これら、4種類の動詞の現在形の活用はこちらの記事に書いてあります。「私たち」が主語の時は、この4つの動詞は普通の現在形(直説法)と点過去の活用が同じです。

 

 

 

repitió の意味と活用

「repitió」の動詞の原形は「repetir」で、点過去「repitió」の意味は「繰り返した」です。この不規則動詞の活用は以下のようになります。

 

repetí
repetiste
repitió
repetimos
repitieron

 

Por más que repitió la maestra, los niños no hicieron caso. 先生いくら繰り返しても子どもたちは無視した。
Repetí el año porque reprobé el examen final. 私は最終の試験不合格だったので、留年した。
¿Repetiste los ejercicios muchas veces? 君は練習何回も繰り返した?
Repetimos lo mismo al día siguiente. 私たちは翌日同じことを繰り返した。

 

「hicieron」は「hacer」の点過去です。「hacer caso」は「言うことを聞く」という意味です。

「reprobé」は「reprobar」の点過去です。

 

 

corrigió の意味と活用

corrigióの動詞の原形は「corregir」で、点過去「corrigió」の意味は「直した」です。この不規則動詞の活用は以下のようになります。

 

corregí
corregiste
corrigió
corregimos
corrigieron

 

Mi tío me corrigió mi pronunciación. 私の叔父は私の発音を直した。
Lo corregiste muy bien. 君はそれをとても良く直したよ。
Corregimos algunos errores en el reporte. 私たちはレポートいくつかの間違いを訂正した。
Los papás corrigieron los malos hábitos de sus hijos. 息子たち悪い習慣を正した。

 

 

se vistió の意味と活用

se vistióの動詞の原形は「vestirse」で、点過去「se vistió」の意味は「着た」です。これは再帰動詞ですね。再帰動詞でない、「 vistió」は「着せた」という意味になります。この不規則動詞の活用は以下のようになります。

 

再帰代名詞 動詞vestir
me vestí
te vestiste
se vistió
nos vestimos
se vistieron

 

Marcela se vistió muy bonita para ir a la fiesta. マルセラはパーティーへ行くためとてもかわいく装いました。
La verdad es que me vestí muy mal. 実は私の着こなしがとてもひどかったのです。
Nos vestimos de negro para ir al funeral. 私たちはお葬式へ行くために喪服を着ました(を見に付けました)。
Las mamás vistieron a sus hijos con uniforme para ir al defile. お母さん方はパレードに行くために、子どもたちに制服を着せました。

 

 

se despidió の意味と活用

se despidióの動詞の原形は「despedirse」で、点過去「se despidió」の意味は「別れを告げた」です。これも再帰動詞ですね。「despidió」の意味は「別れを告げた、解雇した」となります。両方「別れを告げた」ですが、別れを告げた相手のことを言う場合、再帰動詞のときは前置詞「de」を使い、再帰動詞でない場合は前置詞「a」を使います。

 

この不規則動詞の活用は以下のようになります。「pedir(求める)」の活用に「des」が付いただけですね!

 

再帰代名詞 動詞despedir
me despedí
te despediste
se despidió
nos despedimos
se despidieron

 

Ella se despidió de mí como a las ocho. 彼女は8時私に別れを告げました。
Lo depedí porque era muy flojo. 私は彼がとても怠け者だったので彼を解雇しました。
Te despediste de tu jefe? 君の上司に別れの挨拶をした?
Ellos se despidieron en la estación. 彼らさよならしました。

 

 

repitió, corrigió, se vistió, se despidióの意味・まとめ

「repitió」、「corrigió」、「se vistió」、「se despidió」はそれぞれ「繰り返した」、「直した」、「着た」、「別れを告げた」という意味のスペイン語の点過去で、これらのように、主語が「あなた」や「彼」、「彼女」などのときに「e」が「i」になって不規則形です。

 

また、主語がその複数形で「あなた方」、「彼ら」、「彼女ら」の時も同じように不規則形になって「repitieron」、「corrigieron」、「se vistieron」、「se despidieron」となります。

 

 

110. hubo, consiguió, supuso, empezó の意味・点過去不規則動詞

目安時間:約 9分

「hubo」は「ウボ」と発音しますが、どういう意味でしょうか?ここでは、hubo, consiguió, supuso, empezó の意味と、点過去のそれぞれの動詞の活用形をみていきます。全部点過去の不規則動詞です。「empezó」は規則的な活用ですが、「私は」が主語の時に不規則形になるので、不規則動詞になります。

 

また、現在形が不規則動詞のものの中には、過去形では不規則動詞でないものがたくさんあります。例えば、以下の動詞は現在形が不規則動詞で点過去は規則動詞のものです。

  • atender
  • mostrar
  • calentar
  • perder
  • encender

 

hubo の意味・点過去不規則動詞

「hubo」の動詞の原形は「haber」で、点過去「hubo」の意味は「あった、いた」になります。「あった」や「いた」という意味で使う場合は第三人称単数形が主語の活用しか使われないので、ここでは活用形一つだけ覚えておけば十分です。主語が単数でも複数でも、「hubo」だけが使われます。

 

Hace rato hubo un relámpago. 少し前に稲光がありました。
¿Qué hubo en la fiesta? パーティーには何がありましたか?
Hubo gelatina y pastel. ゼリーケーキがありました。
No hubo lo que yo buscaba. 私が探していたものはありませんでした。

 

「buscaba」は線過去です。

 

 

consiguió の意味・点過去不規則動詞

「consiguió」の動詞の原形は「conseguir」で、点過去「consiguió」の意味は「手に入れた」です。不規則動詞で、活用は以下のようになります。「seguir」の活用形に「con」が付いているだけです。動詞「perseguir(追跡する)」なども、同じように「per」に「seguir」の活用形を付け加えます。

 

conseguí
conseguiste
consiguió
conseguimos
consiguieron

 

「私たちは手に入れた」は「私たちは手に入れる」と同じ形です。

 

Mi esposo consiguió una información muy buena. 私の夫とても良い情報を手に入れた。
No conseguí nada en esa tienda. 私はその何も手に入れなかった
¿Conseguiste algún trabajo? 君は何か仕事はみつかった?
Conseguimos todos los ingredientes para hacer pastel. 私たちはケーキを作るための材料全部手に入れた。

 

 

supuso の意味・点過去不規則動詞

「supuso」の動詞の原形は「suponer」で、点過去の意味は「推測した」になります。不規則動詞で、活用は以下のようになります。「poner」の活用形に「su」が付いているだけです。動詞「componer(直す、作詩、作曲する)」、「proponer(提案する)」なども、同じように「com」や「pro」に「poner」の活用形を付け加えます。

 

supuse
supusiste
supuso
supusimos
supusieron

 

 

Ella supuso lo mismo que yo. 彼女は私と同じことを推測した。
Supuse que eso era la verdad. 私はそれ真実と推測した。
Supusimos que el gato negro era del vecino. 私たちは黒猫隣人の(猫)だと推測した。
Los estudiantes supusieron que iba a haber huelga. 学生たちストライキあるだろうと推測した。

「era」と「iba」は線過去です。

 

 

empezó の意味・点過去不規則動詞

「empezó」の動詞の原形は「empezar」で、点過去の意味は「始めた、始まった」になります。不規則動詞らしからぬ不規則動詞で、「私は」が主語の時の活用形のスペルが、「z」ではなく、「c」になっているというだけです。

 

~し始めた」という表現は、「empezó a ~」と、後ろに「a + 動詞の原形」を加えます。

 

以下、「empezar」の点過去の活用形を示します。

 

empecé
empezaste
empezó
empezamos
empezaron

 

「私たちは始めた」は「私たちは始める」と同じ形です。

 

 

La escuela empezó la semana pasada. 学校先週始まった。
¿Cuándo empezaste a sentirte mal? 君はいつ気分が悪くなり始めたの?
Empezamos a aprender español el año pasado. 私たちは去年スペイン語を学び始めた。
Los novios empezaron a pelear de repente. 恋人たち突然喧嘩し始めた

 

「sentirte」は再帰動詞です。「sentirse mal」は「気分が悪い」という意味です。

 

 

hubo, consiguió, supuso, empezóの意味・まとめ

「あった」とか「いた」と言うときは、「hubo」と言います。現在形の「ある」とか「いる」も活用形は一つだけで、「hay」でした。

 

動詞「conseguir」は「con」に「seguir」の活用形が付いて、「consiguió」は「あなたは手に入れた」、や「彼は手に入れた」などの意味になります。

 

動詞「suponer」は「su」に「poner」の活用形が付いて、「supuso」は「あなたは推測した」、や「彼は推測した」などの意味になります。

 

「empezó」は「あなたは始めた」、や「それは始まった」、「彼は始めた」などの意味になります。後に「a」と他の動詞の原形を付けると、「あなたは~し始めた」などの意味になります。

 

 

 

109. prefirió, pidió, sirvió の意味・スペイン語の点過去不規則動詞

目安時間:約 7分

 

ここでは、スペイン語の点過去不規則動詞「prefirió」、「pidió」、「sirvió」の意味やその活用形についてみていきます。「preferir(より好む)」、「pedir(求める)」、「servir(奉仕する)」は現在形も点過去も不規則動詞です。「cerrar(閉める)」のように、現在形は不規則動詞でも過去形は規則動詞であるものもあります。

 

 

オーディオブック

 

 

Prefirió の意味と活用

「prefirió」の動詞の原形は「preferir」です。点過去での意味は「より好んだ」で、後ろに他の動詞の原形を付けることで「~することの方を好んだ」という文を作ることができます。「prefirió」の主語は「あなた、彼、彼女」などになります。

 

動詞「preferir」の点過去の活用は以下のようになります。

 

preferí
preferiste
prefirió
preferimos
prefirieron

「preferimos」は現在形と同じです。

 

 

El gatito prefirió jugar afuera. 子猫遊ぶ方が良かった。
Preferí estudiar en el curso nocturno. 私は夜間コース勉強する方を選んだ。
¿Preferiste ése que aquél? 君はあれよりそれの方が好きだったの?
Preferimos quedarnos en el hotel anoche. 昨夜、私たちはホテルに残るのを好みました。

 

Pidió の意味と活用

「pidió」の動詞の原形は「pedir」です。点過去での意味は「求めた」です。「pidió」の主語は「あなた、彼、彼女」などになります。

 

動詞「pedir」の点過去の活用は以下のようになります。

 

pedí
pediste
pidió
pedimos
pidieron

「pedimos」は現在形と同じです。

 

 

María Elena le pidió dinero prestado a su hermana. マリア・エレナは姉(妹)にお金を借りた
¿Pediste la mano de Patricia? 君はパトリシアにプロポーズしたの
Pedimos un aumento de sueldo el mes pasado. 私たちは先月お給料値上げを要求した。
Los muchachos le pidieron perdón al señor. 若者たちは男性に許しを求めた謝った)。

「la mano」は「手」という意味の女性名詞です。「手を求める」で、「求婚する」という意味になります。

 

 

Sirvió の意味と活用

「sirvió」の動詞の原形は「servir」です。点過去での意味は「サービスした、役に立った」です。「sirvió」の主語は「あなた、彼、彼女」などになります。

 

動詞「servir」の点過去の活用は以下のようになります。

 

serví
serviste
sirvió
servimos
sirvieron

「servimos」は現在形と同じです。

 

Esta máquina no sirvió para nada. この機械何の役にも立たなかった
Ya serví la comida. 私はもう食事の用意をした。
Les servimos un chocolate con leche caliente. 私たちは彼らに温かい牛乳入りココアを出しました。
Las nuevas herramientas nos sirvieron mucho. 新しい道具類私たちにとってとても役に立った。

「chocolate」は「チョコレート」という意味もあります。

 

 

prefirió, pidió, sirvió の意味・まとめ

prefirió, pidió, sirvió の三つとも同じように、第三人称単数とあなた、そして第三人称複数とあなた方が主語のときに、「e」が「i」に変わるという不規則動詞でした。

 

意味は、「prefirió」は「こっちの方が良かった」というようなときに使います。「pidió」は「求めた」という意味で、「pidió dinero prestado」は「お金を借りた」だし、「pidió la mano」は「プロポーズした」という意味で、「pidió perdón」は「謝った」など、使い勝手の多い動詞です。「sirvió」は「役に立った」や「(食べ物、飲み物を)出した」という意味でよく使われる動詞です。

 

 

最近の投稿
カテゴリー
サイト管理人MC(めひ・ここ)プロフィール

サイト管理人MC(めひ・ここ)です。

メキシコ市にあるUNAM大学外国人コースでスペイン語を学んだあと、メトロポリタン自治大学医用工学部に入学、卒業後は医用工学技士としてメキシコで仕事をしました。

その間、メキシコに滞在中の日本人の方たちに長年家庭教師としてスペイン語を教えてきました。

メキシコ人の夫との間に二人の子どもがいます。

メキシコには13年間住みました。メキシコ大好き、スペイン語大好きなめひ・ここです!

アーカイブ
お問い合わせ

ランキング、クリックしてください♡

ページの先頭へ