95. décadaの意味は10年間、じゃあスペイン語で世紀は何て言う?

目安時間:約 6分

ここでは、スペイン語で「10年間」や「世紀」、「1000年間」を何と言うかなど、勉強していきます。「década」の意味は何でしょうか?そうです。「10年間」です。英語の「decade」に似ていますね。ついでに序数やセメスターなどについても記載しておきます。

 

 

スペイン語で「10年間」「100年間」「1000年間」

スペイン語で10年間、世紀、ミレニアムのことを以下のように言います。

 

década 10年間
siglo 100年間(世紀)
milenio 1000年間(ミレニアム)

 

 

Me gusta la década de los 50s. 私は50年代好きです
¿Qué década te gusta más? 君はどの年代(10年間)が一番好きですか?
Estamos en el siglo XXI. 私たちは21世紀います
Va a haber mucho avance tecnológico en este  milenio. このミレニアムには沢山の技術の進歩があるでしょう。

 

スペイン語の序数・第一~第十

スペイン語の数字についてはこちらの記事をご覧ください。スペイン語の序数は以下のように言います。

 

primero, primera, primer 第一の
segundo, segunda 第二の
tercero, tercera, tercer 第三の
cuarto, cuarta 第四の
quinto, quinta 第五の
sexto, sexta 第六の
séptimo, séptima 第七の
octavo, octava 第八の
noveno, novena 第九の
décimo, décima 第十の

 

 

序数は男性、女性の変化がありますが、「第一の」と「第三の」は、男性単数の名詞の前に来るとき、最後の「o」が取れて「primer」、「tercer」となります。序数が名詞の後に来る場合は「o」を付けたままで「primero」、「tercero」となります。

 

例:

El primer dia El día primero 初日
El tercer lugar El lugar tercero 第三位

 

semestre, trimestre, bimestre

semestre, trimestre, bimestreってどういう意味でしょうか?

 

semestre セメスター、6か月
trimestre 3か月
bimestre 2か月

 

大学など、学校でよく使われる言葉です。2学期制だと1学期のことを「el primer semestre」、2学期のことを「el segundo semestre」と言います。3学期制で「trimestre」を使っているところもあります。

 

 

décadaの意味は10年間・まとめ

「década」の意味は「10年間」、「siglo」は「100年間、世紀」、「milenio」は「1000年間」の意味です。

 

スペイン語の序数もご紹介しました。序数は男性か女性かによって変化します。例えば「初回」の「回」は「はスペイン語で「la vez」と言って女性名詞なので、「初回」は「la primera vez」となります。「el piso」は男性名詞で「階」という意味なので、「1階」は「el primer piso」になります。

 

…と言いたいところですが、メキシコは地階「la planta baja」が日本で言うところの「1階」にあたります。だから「el primer piso」は日本で言うところの「2階」なんですけれどね、、

 

「何月」の「月」のことをスペイン語で「mes」と言います。「2か月」のことは「bimestre」、「3か月」のことは「trimestre」、「6か月」のことは「semestre」と言います。

 

 

 

 

28. スペイン語の数字と足し算、引き算、掛け算、割り算

目安時間:約 3分

スペイン語の数字については、既に勉強しているのでチェックしておいてください。今回は、足し算、引き算、掛け算、割り算をスペイン語でどう読むか、言うかについて勉強していきます。ついでに数字の復習にもなると思います!

スペイン語の足し算

1+2=3

1uno
más
2dos
es igual a
3tres

「más」は「もっと」という意味です。「1個追加で」なんていうときには「uno más」と言えばいいわけです。

「igual」というのは「イコール」、「同じ」という意味です。前置詞「a」が付いて「~と同じ」となります。「es」は動詞serの第三人称単数形ですね。

また、「1+2=3」は「uno y dos son tres」と言うこともできます。「y」は「と」、「そして」という意味です。この場合は答えが複数なので、動詞serの第三人称複数形の「son」を使います。

スペイン語の引き算

9-4=5

9nueve
menos
4cuatro
es igual a
5cinco

「menos」は「より少なく」という意味です。先ほどの「más」と組み合わさった「 más o menos」は「だいたい」、「およそ」という意味です。「9くらい」と言いたい場合は「 más o menos 9」と言えばいいわけです。「o」は「または」という意味です。

スペイン語の掛け算

7×6=42

7siete
×por
6seis
es igual a
42cuarenta y dos

スペイン語の割り算

80÷10=8

80ochenta
÷entre
10diez
es igual a
8ocho

スペイン語の数字と足し算など・まとめ

スペイン語で「+、-、×、÷」は「más、 menos、 por、 entre」と読みます。「=」は「es igual a」と言います。この言葉は数学に限らず使えます。例えば「La indiferencia es igual a la crueldad.(無関心は残酷と同義語である)」とかね。

19.「9人います」ってスペイン語で何て言う?動詞のhay

目安時間:約 4分

9人います、9つあります、9匹います、1人います、何個かあります、何頭かいます、なんて言いたいときは動詞のhay(アイ)を使います。男性、女性、単数複数関係なく!

存在を表す動詞「hay」

存在を表す動詞「hay」の動詞の原形は「haber」です。「h」は発音しません。「hay」は「haber」の現在形の形ですが、主語によって5つに変化したりしません。主語が何であろうと「hay」です。

Hay nueve jugadores de futbol en el parque.公園9人のサッカープレーヤーがいます。
Hay un alumno en la escuela.学校1人の生徒がいます。
Hay una caja en la mesa.テーブルが一つあります。
Hay unos coches en la calle.何台かのがあります。
Hay unas llaves en el piso.いくつかのがあります。
Hay pelotas en el campo.フィールドボール(複数)があります。
Hay dinero en el banco.銀行お金があります。

動詞の「Hay」が始めに来て、その後に存在するものが来るわけですが、定冠詞は付きません

不定冠詞数字が来ます。

複数形の場合は不定冠詞を略すことができます。また、単数形であっても、その意味が複数であるものの場合も不定冠詞を略すことができます。例えばお金(dinero)や紙(papel)などです。

hayを使った質問文・否定文

¿Qué hay en la pared? 壁に何がありますか?
Hay un reloj y un cuadro.時計一つと額縁の絵が一つあります。
¿Hay un perro en el jardín?庭にが一匹いますか?
No, no hay un perro.いいえ。犬はいません
¿Cuántos libros hay?何冊ありますか?
Nueve.9冊です。
¿Cuántas pelotas hay?いくつボールがありますか?
Hay dos.二つあります。

「¿Qué hay?」で「「何がありますか?」という表現です。

「~がありますか?」、「~がいますか?」と聞きたい場合は肯定文と同じ文を文末を上げて言えばいいだけです。疑問詞が付いた質問文の場合は、文末は上げても下げてもどちらでも良いです。

否定文の場合は「no」が動詞の前に来ます。今回の場合「no hay」が「ない」という意味です。「no hay」を早く言ってみてください。「ノーアイ」⇒「ナイ」となって覚えやすくないですか(笑)?実際には早く言う必要ないですよ!

「いくつの~が」と言うときは、かかる名詞が男性名詞か女性名詞かによって「Cuántos」か「Cuántas」に変わります。

「9人います」ってスペイン語で何て言う?まとめ

スペイン語は動詞の活用形をおぼえるのが大変ですよね。でも、この「hay」は主語が何かに関わらずこれだけなのがいいですね。

しかも、スペイン語は日本語のように、人や物や動物などによって、「9人」、「9冊」、「9匹」、「9羽」など変わらないのが楽ですよね。「匹」だけとっても「いっぴき」、「にひき」「さんびき」と変わるので日本語勉強する人は大変です。

「一つの」のときや「いくつかの」のときは、男性名詞か女性名詞によって「un~」、「una~」、「unos~」、「unas~」に変わりますががんばってみましょう!

9. 「2020」ってスペイン語で何と言う?数字のゼロから10億まで

目安時間:約 4分

「2020」ってスペイン語で何と言うでしょうか?数字のゼロから2020を含む10億まで、スペイン語での言い方をみていきましょう!

数字の0から20まで

0cero
1uno
2dos
3tres
4cuatro
5cinco
6seis
7siete
8ocho
9nueve
10diez
11once
12doce
13trece
14catorce
15quince
16dieciséis
17diecisiete
18dieciocho
19diecinueve
20veinte

数字の「1」の場合は、その物や人が女性名詞の場合、「una」になります。

数字の21から31まで

21veintiuno
22veintidós
23veintitrés
24veinticuatro
25veinticinco
26veintiséis
27veintisiete
28veintiocho
29veintinueve
30treinta
31treinta y uno

31の次からはtreinta y dos、treinta y tres、と続いていきます。「y」というのは「+」とか「と」という意味です。

数字の40から101まで

40cuarenta
50cincuenta
60sesenta
70setenta
80ochenta
90noventa
100cien
101ciento uno

数字の200から1,001まで

200doscientos, doscientas
300trescientos, trescientas
400cuatrocientos, cuatrocientas
500quinientos, quinientas
600seiscientos, seiscientas
700setecientos, setecientas
800ochocientos, ochocientas
900novecientos, novecientas
1,000mil
1,001mil uno

ただ数字を言うだけなら男性形でいいですが、200や300などは、その数の物が男性名詞か女性名詞かによって、数字も男性形(-os)か女性形(-as)に変化します。

数字の2020、2020年

2020dos mil veinte
2020年el año dos mil veinte

数字の10,000から1,000,000,000まで

10,000diez mil
50,000cincuenta mil
100,000cien mil
500,000quinientos mil
1,000,000un millón
10,000,000diez millones
100,000,000cien millones
1,000,000,000mil millones

2020ってスペイン語で何と言う?まとめ

スペイン語で2020のことを「dos mil veinte」と言います。数字は、タクシーに乗るときの値段の交渉とか、市場でいくらか聞いたりなど、覚えておくと何かと重宝すると思います。頑張って覚えてください!

最近の投稿
カテゴリー
サイト管理人MC(めひ・ここ)プロフィール

サイト管理人MC(めひ・ここ)です。

メキシコ市にあるUNAM大学外国人コースでスペイン語を学んだあと、メトロポリタン自治大学医用工学部に入学、卒業後は医用工学技士としてメキシコで仕事をしました。

その間、メキシコに滞在中の日本人の方たちに長年家庭教師としてスペイン語を教えてきました。

メキシコ人の夫との間に二人の子どもがいます。

メキシコには13年間住みました。メキシコ大好き、スペイン語大好きなめひ・ここです!

アーカイブ
お問い合わせ

ランキング、クリックしてください♡

ページの先頭へ