11. スペイン語の定冠詞と「トイレはどこ?」

目安時間:約 5分

スペイン語には定冠詞というものがあります。今回は定冠詞についてと、「トイレはどこ?」など、場所を聞くときの質問文とその答え方について勉強していきます。

定冠詞と不定冠詞はどう違う?

不定冠詞についてはもうすでに記事にしてあり、そのときに定冠詞との違いを例を挙げて説明しました。

定冠詞は「その」、「それらの」という意味で使われます。不定冠詞は「ある一つの」、「ある一人の」、「あるいくつかの」という意味で使われます。
今回も定冠詞と不定冠詞の違いがわかるように例を挙げてみます。

「お姫様はどこにいる?」

「心配するな。お姫様は城にいる」

上の例の場合、どのお姫様のことを言っているのかわかっているし、どのお城にいるのかもわかっているのでお姫様にもお城にも、名詞の前に定冠詞が付きます。

「お姫様はどこにいる?」

「どこにいるってあなた、お姫様って言ったらどっかのお城にいるに決まってるでしょ」

上の例の場合、特定のお姫様のことを言っているわけではないし、お城も特定されていません。この場合は不定冠詞が使われます。

結論:場所がどこかを聞く場合や言うときは、名詞の前に定冠詞を付けてください(固有名詞を除く)。

スペイン語の定冠詞

名詞の前に付くスペイン語の定冠詞は、名詞の性や数によって変化します。

定冠詞単数形複数形
男性形ellos
女性形lalas

尚、定冠詞の男性単数形「el」は、前置詞の「a」や「de」の後に来る場合、前置詞と引っ付いて以下のようになります。

a el⇒al
de el⇒del

「~はどこですか?」という表現

スペイン語で「~はどこですか?」という表現は、「~は」の部分が単数か複数かによって少し違います。

~(単数)はどこですか?¿Dónde está ~?
~(複数)はどこですか?¿Dónde están ~?

スペイン語の「~」の部分には、定冠詞+名詞が入ります(固有名詞の場合は冠詞は入りません)。ドンデエスタ?ドンデエスタン?という感じで発音します。「ス」は「su」ではなく「s」と発音してください。



「※にあります(います)」と答えるときなどは、主語(~の部分)が単数か複数かによって少し違います。

(単数の物、または人)は※にあります(います)Está en ※.
(複数の物、または人)は※にあります(います)Están en ※.

スペイン語の※の部分には、固有名詞か、定冠詞+名詞が入ります。
「~に」というのはスペイン語で「en~」となりますが、「a」など違う前置詞が使われる場合もあります。

例:

¿Dónde está el baño?トイレ(お風呂)はどこですか?
Está al fondo.突き当たりにあります。
¿Dónde está la Embajada de Japón?日本大使館はどこですか?
Está en la siguiente calle.次の通りにあります。
¿Dónde están las princesas?お姫様たちはどこですか?
Están en el castillo.お城にいます。
¿Dónde está María?マリアはどこですか?
Está en México.メキシコにいます。
¿Dónde están los pantalones?ズボンはどこですか?
Están en la cama.ベッドにあります。

ちなみに、ズボンは一つでも複数形として扱います。

スペイン語の定冠詞と「トイレはどこ?」・まとめ

「トイレはどこ?」などの表現はスペイン語でどのように言ったら良いか覚えておくといざという時に役に立ちます。定冠詞も一緒に覚えてしまうといいと思います。

定冠詞なしで言うとトイレがどこか教えてもらえない、というわけではありませんが、定冠詞、不定冠詞を使いこなせるとスペイン語がきれいに響きます。

ちなみに、外に出たときトイレに行く場合、トイレの扉にはよく、「DAMAS(淑女)」と「CABALLEROS(紳士)」と書いてあります。間違えて違う方に入らないように気を付けてください!

8. スペイン語の名詞に付く不定冠詞と「ケエス」の意味

目安時間:約 4分

スペイン語の名詞の前によく付いている不定冠詞について説明します。それから、「ケエス」って何でしょうか?「ケエス」と「ケソン」の意味についても!

スペイン語の名詞に付く不定冠詞

スペイン語の名詞の前に付く冠詞には二つの種類があります。定冠詞と不定冠詞です。


定冠詞と不定冠詞の違いをざっくり説明すると、例えば下の例のようなときは不定冠詞を使います。

「何それ?」
「りんご」

この「りんご」という名詞の前に不定冠詞が付きます。


下の例のようなときは、定冠詞を使います。

「何それ?」
「これが白雪姫が口にして、死にそうになったあの毒りんごだよ」

上記の「りんご」という名詞の前には定冠詞が付きます。

わかっていただけましたでしょうか?

今回は、漠然としたときに使う、不定冠詞についてです。

不定冠詞単数複数
男性形ununos
女性形unaunas

「ケエス」の意味

「ケエス」というのは「¿Qué es?」と書いて、「何ですか?」という意味です。聞き返すときの「何ですか?」ではなくて、「これ何?」とか「それ何?」とか「何あれ?」と聞くときの質問文です。

そして、その何かを聞きたいものが単数である場合の聞き方です。

それで、「 ¿Qué es? 」と聞かれて答えるときは、大抵は名詞に不定冠詞を付けて言います、いわくつきの物でない限りは。

物が一つの場合、男性名詞の前には「un」を付けて、女性名詞の前には「una」を付けます。

男性名詞、女性名詞についての記事もありますので、読んでいらっしゃらない方は見てみてください。

例:

¿Qué es?何ですか?
Es un libro.本です。
Es una manzana.りんごです。
Es un cuadernoノートです。
Es una silla.いすです。
Es un lápiz.鉛筆です。
Es una ventana.窓です。

「ケソン」の意味

「ケソン」というのは、「¿Qué son?」と書いて「(複数の物は)何ですか?」という意味です。

答えるときは、複数の物に対してなので、男性名詞複数形の前に不定冠詞「unos」を付けて、女性名詞複数形の前には不定冠詞「unas」を付けます。

例:

¿Qué son?それらは何ですか?
Son unos diccionarios.何冊かの辞書です。
Son unas naranjas.いくつかのオレンジです。
Son unos relojes.複数の時計です。
Son unas puertas.いくつかの扉です。
Son unos escritorios.いくつかのデスクです。
Son unas mesas.いくつかのテーブルです。

不定冠詞と「ケエス」「ケソン」・まとめ

不定冠詞は「ある一つの(単数形)」、「あるいくつかの(複数形)」といった意味を持つ、名詞の前に付けられるものです。

「ケエス」、「ケソン」はそれぞれ「¿Qué es?」「 ¿Qué son?」と書き、「それは何ですか?」という意味です。前者が単数の物に対してで、後者が複数の物に対してです。

「それは何か?」と聞かれて答えるときは、普通、名詞に不定冠詞を付けて答えます。

最近の投稿
カテゴリー
サイト管理人MC(めひ・ここ)プロフィール

サイト管理人MC(めひ・ここ)です。

メキシコ市にあるUNAM大学外国人コースでスペイン語を学んだあと、メトロポリタン自治大学医用工学部に入学、卒業後は医用工学技士としてメキシコで仕事をしました。

その間、メキシコに滞在中の日本人の方たちに長年家庭教師としてスペイン語を教えてきました。

メキシコ人の夫との間に二人の子どもがいます。

メキシコには13年間住みました。メキシコ大好き、スペイン語大好きなめひ・ここです!

アーカイブ
お問い合わせ

ページの先頭へ