143. 哀しきジョローナのスペイン語の歌詞と日本語訳

目安時間:約 7分

「哀しきジョローナ」のスペイン語の歌詞と日本語訳を載せています。タイトルはスペイン語で「La llorona」です。「泣き女」という意味です。メキシコで何世紀も前から伝わる幽霊にまつわる歌です。

 

 

哀しきジョローナのスペイン語の歌詞と日本語訳

以下はリメンバーミーの中の「La llorona」のスペイン語の歌詞と日本語訳です。

 

 

Ay de mí, Llorona かわいそうな私、ねぇジョローナ
Llorona de azul celeste 空色のジョローナ

※繰り返し

 

Y aunque la vida me cueste, Llorona そして、たとえ私のを失っても、ねぇジョローナ
No dejaré de quererte 私はあなたを好きでいることを止めない

 

 

 

No dejaré de quererte 私はあなたを好きでいることを止めない
Me subí al pino más alto, Llorona 一番高い松の木によじ登ったの、ねぇジョローナ
A ver si te divisaba あなたを見かけるかどうか
Como el pino es tierno, Llorona 松の木は優しいから、ねぇジョローナ
Al verme llorar, lloraba わたしが泣くを見て木も泣いていた

 

 

Ay de mí, Llorona, Llorona かわいそうな私、ねぇジョローナ、ジョローナ
Llorona de azul celeste 空色のジョローナ

★繰り返し

☆繰り返し

 

No dejaré de quererte 私はあなたを好きでいることを止めない
No dejaré de quererte 私はあなたを好きでいることを止めない
Ay ay ay あぁ、あぁ、あぁ

 

 

哀しきジョローナの民謡バージョンのスペイン語の歌詞と日本語訳

哀しきジョローナ(La Llorona)の言い伝えは何百年も前からあり、民謡として少しずつ違った歌詞でたくさん歌われています。以下に、 Ángela Aguilar の「 La Llorona」もご紹介しておきます。

 

 

全部2 回づつ繰り返しています。

Salías de un templo un día, Llorona ある日あなたは教会から出るところだった、ねぇジョローナ
cuando al pasar, yo te vi 通り過ぎる時、私はあなたを見た

 

 

 

Hermoso huipil llevabas, Llorona あなたは美しいウイピルの衣装を身に付けていた、ねぇジョローナ
que la virgen te creí あなたがマリア様だと思った

 

 

 

Ay de mí, Llorona, Llorona, Llorona かわいそうな私、ねぇジョローナ、ジョローナ、ジョローナ
de un campo lirio 花園の(ジョローナ)

 

 

 

El que no sabe de amores, Llorona を知らないは、ねぇジョローナ
no sabe lo que es martirio 苦しみが何かを知らないわ

 

 

 

No qué tienen las flores, Llorona 花々何を感じているのか知らないけど、ねぇジョローナ
las flores de un campo santo 墓地の花々が

 

 

Que cuando las mueve el viento, Llorona だってが花々を揺らす時、ねぇジョローナ
parece que están llorando 泣いているように思えるんだもの

 

 

Ay de mí, Llorona, Llorona, Llorona かわいそうな私、ねぇジョローナ、ジョローナ、ジョローナ
llévame al río 川へ私を連れて行って

 

 

Tápame con tu rebozo, Llorona あなたのベールで私を覆って、ねぇジョローナ
porque me muero de frío だって寒くて死にそうなんだもの

 

 

哀しきジョローナのスペイン語の歌詞・まとめ

Luis González Obregón(1865-1938)というメキシコ人が「La Llorona(泣き女)」について書いたものを読むと、スペイン人たちがメキシコを征服するのを手助けしたマリナ嬢(マリンチェ)が、「La Llorona は私が自分の民族を裏切って外国人に奉仕しているのを罰するために、あの世から来ているのだ」と言っていたことが書いてあります。

 

夜な夜なメキシコ市の中を泣きながら徘徊して湖に消えていたジョローナの話は一つだけではありません。好きな人と結婚できないまま死んでしまった女性の話やこの世に残した子供たちに会いに来る母親の話などもあります。

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
サイト管理人MC(めひ・ここ)プロフィール

サイト管理人MC(めひ・ここ)です。

メキシコ市にあるUNAM大学外国人コースでスペイン語を学んだあと、メトロポリタン自治大学入学、卒業後はエンジニアとしてメキシコで仕事をしました。

その間、メキシコに滞在中の日本人の方たちに長年家庭教師としてスペイン語を教えてきました。

メキシコ人の夫との間に二人の子どもがいます。

メキシコには13年間住みました。最初はメキシコが大嫌いでした。好きになるまでにずいぶんかかったかもしれません。人生回り回ってやっとスペイン語が好きなことに気が付きました。。。

アーカイブ
お問い合わせ

    ランキング、クリックしてください♡

    ページの先頭へ

    error: Content is protected !!