146. スペイン語の不定詞の用法・よく使われる表現と意味

目安時間:約 10分

ここではスペイン語の不定詞(動詞の原形)の用法でよく使われるものを解説していきます。

 

スペイン語の不定詞の用法

名詞

スペイン語の不定詞は文の中で、主語としてや目的語としてなど、名詞としてのすべての機能を果たすことができます。

 

Observar la luna llena es bueno para mi actividad creativa. 満月観察することは私の創作活動のために良いのです。
Mi amigo sabe solucionar el problema. 私の友達は問題解決することができます。
Lo que te recomiendo es comer bien. 私が君に薦めることは、ちゃんと食べることです。
Te quiero decir que mentir no sirve de nada. 私は君に、噓をつくことは何の役に立たない言いたい。

 

2 番目の例文の「sabe」と 4 番目の例文の「quiero」は助動詞として使われています。その他の「助動詞+不定詞」については、こちらの助動詞についての記事をご覧ください。

 

4 番目の例文では、助動詞と組み合わさった不定詞「decir」の他にもう一つの不定詞「mentir」があります。この不定詞は従節文「mentir no sirve de nada」の中の主語として不定詞が使われています。「decir que の後ろが不定詞」という訳ではありませんのでご注意ください。

 

 

al 不定詞

「al + 不定詞」で他の動作と同時の動作であることを表します直接目的語や間接目的語代名詞再帰代名詞が伴う場合は不定詞の後ろに連結されます。

 

Al contar el dinero me di cuenta que faltaba. お金数えている時に足りないことに気が付いた
Al saber de la noticia te llamé. ニュース知った時に君に電話した
¿Te lavaste las manos?

Sí, pero al lavarmelas me mojé la ropa.

を洗ったの?

うん、でも手を洗う時に洋服濡れちゃった

Blanca le pidió los libros a Alfonso,

y él al traerselos se cayó en el pasillo.

ブランカはアルフォンソに頼んだ

で、彼女にそれらを運んでいる時に廊下で転んだ。

 

「te lavaste」、「me mojé」、「se cayó」は再帰動詞です。再帰動詞についてはこちらの記事をご覧ください。

 

 

動詞+前置詞+不定詞

不定詞を従える時、前置詞を伴う動詞があります。

 

acordarse de ~ ~を思い出す、を覚えている
aprender a ~ ~を学ぶ
enseñar a ~ ~を教える
empezar a ~ ~を始める
insistir en ~ ~を主張する
acabar de ~ ~をしたばかり
dejar de ~ ~をやめる
terminar de ~ ~を終える
tratar de ~ ~を試みる
tener ganas de ~ ~の欲求がある、したい

 

Acuérdate de no hablar de eso. それについて話さないということを思い出して(命令形)
Le enseño a manejar a mi hijo de vez en cuando. 時々息子に運転するのを教えます
Él insistía en venir a mi casa. 彼は私の来ることを言い張っていた
Dejé de estudiar idiomas hace mucho. ずいぶん前に言語を勉強するのを止めました

 

前置詞+不定詞

スペイン語では前置詞の後に動詞が来る場合は、メインの動詞の人称と同じ人称の時、不定詞が使われます。直接目的語や間接目的語代名詞再帰代名詞が伴う場合は不定詞の後ろに連結されます。

 

Pregúntale para saber la verdad. 真実知るために彼(彼女)に聞きなさい。(命令形)
Entré a su cuarto sin tocar. 彼(彼女)の部屋ノックしないで入りました。
Ella saldrá de la fiesta después de bailar. 彼女踊った後、パーティーから出るでしょう。(未来形)
Tiré el vestido en lugar de arreglarlo. ドレス直す代わりに捨てました。

 

ir a 不定詞

「ir + a +不定詞」は「ir」が現在形の時は「未来を表す文」になります。

 

「ir」が点過去の場合は「~しに行った」という意味になります。

 

「ir」が線過去の場合は「~するつもりだった」という意味になります。

 

 

hacer 不定詞、soler 不定詞、A 不定詞

「hacer +不定詞」で「~させた」という意味になります。「soler +不定詞」で「よく~する」という意味になります。「A 不定詞」で何かをすることを促す表現ができます。

 

Ese cuento me hizo llorar. その物語は私を泣かせた
Aquí suele nevar mucho. ここよく雪がたくさん降ります
¡A trabajar! さぁ!仕事仕事!
¡A comer! 食べようぜ!

 

hay que 不定詞、 tener que 不定詞

「hay que +不定詞」と「tener que +不定詞」は「~しなければならない」という意味になります。以下の記事に詳しく説明されていますので、必要に応じてご覧ください。

 

「hay que 不定詞」と「tener que 不定詞」について

 

 

スペイン語の不定詞の用法・まとめ

「不定詞」は「動詞の原形」とも言い、辞書に載っている、活用する前の元の形です。タバコを吸うという動詞「fumar」も、名詞として「NO FUMAR(禁煙)」と使われることもあります。名詞としてだけでなく、他の使い方もこうしてみるといろいろありますね!

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
サイト管理人MC(めひ・ここ)プロフィール

サイト管理人MC(めひ・ここ)です。

メキシコ市にあるUNAM大学外国人コースでスペイン語を学んだあと、メトロポリタン自治大学入学、卒業後はエンジニアとしてメキシコで仕事をしました。

その間、メキシコに滞在中の日本人の方たちに長年家庭教師としてスペイン語を教えてきました。

メキシコ人の夫との間に二人の子どもがいます。

メキシコには13年間住みました。最初はメキシコが大嫌いでした。好きになるまでにずいぶんかかったかもしれません。人生回り回ってやっとスペイン語が好きなことに気が付きました。。。

アーカイブ
お問い合わせ

    ランキング、クリックしてください♡

    ページの先頭へ

    error: Content is protected !!